Site Meter Exchange ブログ JAPAN - Site Home - TechNet Blogs

Exchange ブログ JAPAN

Exchange Server、Exchange Online、Forefront  Protection について、Exchange Server サポート チームより関連情報をお届けいたします。

Exchange ブログ JAPAN

  • 配布グループをメーリング リストとして利用する場合の注意点

    こんにちは。 今回は Exchange Server の配布グループについてお話しします。 Exchange Server (Exchange Online 含む) の配布グループは、所属部署ごとなどのある条件に合致するメンバーにまとめてメールを配信する場合に便利な機能です。 この配布グループは、主に Exchange 組織内での利用を想定して用意されていますので、既定では外部からのメッセージは受信できない状態となっています。 送信者の制限の設定箇所は、Exchange...
  • Exchange のリリース情報: 2014 年 12 月

    (この記事は 2014 年 12 月 9 日に Office Blogs に投稿された記事 Exchange releases: December 2014 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 編集メモ : Exchange Server 2010 SP3 の更新プログラムのロールアップ 8 に関して、重要な最新情報を記事の最後に追加しました。 今回、Exchange チームは複数のリリースを発表しました。Exchange Server...
  • フェデレーションの信頼に関する継続的な更新のお願い

    対象: Office 365 Enterprise 管理者 (この記事は 2014 年 9 月 10 日に The Exchange Team Blog に投稿された記事 Keep your Federation Trust up-to-date の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) マイクロソフトでは、高い可用性と安全性を備えた環境を維持するための取り組みの一環として、Office 365 に��ける証明書を定期的に更新しています。2014 年 9 月...
  • SSL 3.0 無効化による Exchange への影響について

    こんにちは、Exchange サポートの山木です。 SSL 3.0 の脆弱性に関する問題を受けて、最近 SSL 3.0 の無効化を行った場合の Exchange サーバーへの影響についてお問合せが増えています。そこで本日は SSL 3.0 を無効化した場合の Exchange の影響についてお話させて頂ければと思います。 下記ブログにも記載されております通り、SSL 3.0 を無効化することによる Exchange 2010 への影響はございません。 Exchange 2010...
  • トランスポート ルールで [以降のルールは処理しない] が機能しない

    こんにちは。Exchange サポート チームの小間です。 今回は Exchange 2013 で報告されているトランスポート ルールの問題についてご紹介いたします。 事象について トランスポート ルールでメッセージの承認を受けるように構成し、かつ [以降のルールは処理しない] が有効になっている場合、処理されないはずであるルールの処理が実行されてしまいます。 具体的な影響の例としては、1 通のメッセージに対して 2 通の承認依頼のメッセージが送信されます。 今回の事象の発生条件 -...
  • Exchange 2010 環境の ContentFilter パラメータで正常に動作しないプロパティ

    こんにちは、Exchange サポート チームの輪島です。 今回は、New-MailboxExportRequest コマンドレットの ContentFilter パラメーターを使用した際の事象についてご紹介いたします。 事象について New-MailboxExportRequest コマンドレットを使用して、メールボックスのコンテンツを検索し pst ファイルにエクスポートすることができます。 その際、ContentFilter パラメーターを使用して、メッセージの本文やサブジェクトの内容を基にフィルターすることが可能となっており...
  • Exchange 2010 から Exchange 2013 へプライマリ メールボックスのみを移動できない事象について

    こんにちは、Exchange サポート チームの渡辺です。 今回は Exchange 2010 でアーカイブ メールボックスを使用している環境で Exchange 2013 へプライマリ メールボックスのみを移行させようとした際にエラーが発生し、プライマリ メールボックスのみを移動させることができない事象についてご紹介させていただきます。 以下の技術情報にもございますとおり、メールボックスを移動させる際に作成する移動要求ではプライマリ メールボックスのみの移動やアーカイブ メールボックスのみの移動を実施することが可能です...
  • Office 365: パスワード変更後、Exchange Online へ IMAP 接続時のみ認証に失敗する

    こんにちは、Exchange サポート チームの山崎です。 今回は Office 365 環境にて Outlook で IMAP を利用している場合に、設定するパスワードについての注意点をご紹介いたします。 パスワードを再設定後、Outlook Web App (OWA) では問題なく変更後のパスワードでログインができるが、Outlook で IMAP 接続のみ認証に失敗する場合があります。 Outlook に最新���更新プログラムが適用されていない場合に、このような問題を見かけることがございますが...
  • Exchange 2013 での Get-ExchangeServer による参照 DC/GC の確認方法について

    Exchange サーバーでは Get-ExchangeServer コマンドレットを利用して、現在参照している DC/GC を確認することができます。 例: Get-ExchangeServer -Status | fl current*, static* Exchange 2013 において (コマンドレットを実行している自身ではなく) 他のサーバーの情報を取得する場合には、単純に対象のサーバー名指定するだけではなく以下のように対象サーバー上でコマンドレットを実行する必要があります...
  • Microsoft Exchange Server 2013の保守モデルについての補足

    Microsoft Exchange Server 2013 は、記事「 Exchange 2013 の保守について 」で紹介されている通り、従来までの更新プログラムのロールアップ (Rollup Update, RU) とは違う、累積更新プログラム (Cumulative Update, CU) という新しい形態で更新プログラムを提供するモデルに変更になり、いままで下記のリリースを行ってまいりました。これにより、記事「 Exchange 2013 の保守について 」でも触れられている様々なメリットが提供されます...
  • Office 365 の受信トレイを整理する Clutter 機能を発表

    (この記事は 2014 年 11 月 11 日に Office Blogs に投稿された記事 De-clutter your inbox in Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Exchange チームのシニア プロダクト マーケティング マネージャーを務める Brian Shiers と、シニア プログラム マネージャーを務める Kumar Venkateswar による記事をご紹介します。 編集メモ ...
  • Exchange 2010 OWA 利用時に、コピー & ペーストを使用して他のメールボックスが開けない

    Exchange 2010 OWA 利用時に、コピー & ペーストを使用して他のメールボックスが開けない こんにちは、Exchange サポート チームの大内です。 今回は、Exchange 2010 で確認されている OWA 利用時の問題についてご紹介します。 事象について OWA より [他のメールボックスを開く] 際は、右上のアカウントをクリックし、[メールボックスの選択] にユーザー名を入力します。 この時に、コピー & ペーストを使用してユーザー名を入力し ...
  • Forefront 製品の診断ツール: FSCDiag

    こんにちは。Exchange/Forefront サポート チームの伯谷です。 Forefront 製品で発生した問題の正確な調査を行うための情報採取のツールとして、FSCDiag ツールがあります。 FSCDiag ツールでは、Forefront 製品のバージョン情報、サードパーティ製スキャン エンジンのバージョン、レジストリの設定などを一括で取得することができます。 取得できる情報の中にはトレース ログがあり、デコードが必要になりますが、どのエンジンにて検体が検出されたのかなど詳細の処理も確認できます...
  • 11 月の Exchange リリースが 12 月まで延期されます

    (この記事は 2014 年 11 月 12 日に The Exchange Team Blog に掲載された記事 November Exchange Releases delayed until December の翻訳です。最新情報は翻訳元の記事をご参照ください。) 11 月の四半期毎の Exchange 更新プログラムをお待ちのお客様もいらっしゃると思います。本日、Exchange チームはこれらのパッケージを 12 月まで延期することを決定しました。この決定は遅くに見つかった Exchange...
  • Exchange 2013 CU7 以降におけるオンプレミス レガシー パブリック フォルダーの共存について

    (この記事は 2014 年 11 月 7 日に The Exchange Team Blog に投稿された記事 On-Premises Legacy Public Folder Coexistence for Exchange 2013 Cumulative Update 7 and Beyond の翻訳です。最新情報は翻訳元の記事を参照してください。) この記事の内容 Exchange 2013 CU5 において、レガシー パブリック フォルダーが (Windows 用) Outlook...
  • ハイブリッド環境での Autodiscover

    こんにちは。Exchange サポートの高橋です。 Exchange Online への移行のため、Exchange のハイブリッド環境に関するお問い合わせが増えております。 Exchange チームとしては、これまでにも Autodiscover についてご紹介してきましたが、今回はハイブリッド環境での Autodiscover の動作についてご案内します。 まず、基本的な Autodiscover の動作については、以下を振り返っていただければと思います。 Title: Autodiscover...
  • Exchange Online で検知されたスパム、マルウェア一覧の出力について

    こんにちは。Exchange サポート チームの杉山です。Exchange Online では、受信者にメッセージが届く前にスパム、マルウェアとして検知されたメッセージを一覧として出力し、確認することができます。 2014 年 10 月 30 日現在では Exchange Online 標準の以下のコマンドレットが用意されています。 1. Get-MailDetailSpamReport または Get-MailDetailMalwareReport 2. Start-HistoricalSearch...
  • [Office 365] Outlook 起動時の証明書のセキュリティ警告について

    本日 (10/30)、Office 365 をご利用のお客様より、Outlook 起動時に以下の警告メッセージが表示されるという現象について多くのお問い合わせをいただいております。   この問題につきましては、データセンター側での対処が完了し、現在は復旧しております。 また、EX10842 としてサービス正常性にも公開されておりますので、併せてご確認ください。 なお、障害報告書が 5営業日を目途に作成されますので、詳細につきましては報告書が作成されるまでお待ちください。
  • Exchange の国内マーケットシェアが 10 年連続で第 1 位となりました

    おかげさまで、Exchange は国内eメールアプリケーションマーケットシェアで 2004 年以来、10 年連続で第 1 位を獲得しました。Office 365/Exchange Online の好調が要因の 1 つに挙げられています。 タイトル:国内eメールアプリケーション市場 2013年マーケットシェア(売上実績) 出典: IDC Japan August/2014 国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場2013年の分析と2014年~2018年の予測 (#J14400106...
  • MSExchangeApplicationLogic / 3018 イベントについて

    現象について Exchange Server 2013 をインターネットにアクセスできない環境でご利用されている場合に、以下のエラーが記録されることがあります。 ログの名前: Application ソース: MSExchangeApplicationLogic イベント ID: 3018 レベル: エラー 説明: シナリオ: GetConfig.GetConfig。要求が失敗しました。メールボックス: URL: https://o15.officeredir.microsoft.com/r...
  • Office 365 へのブラウザからのアクセスについて

    こんにちは。 メッセージング クリティカル レスポンス チームの竹田です。 本日から、Internet Explorer から Office 365 の Outlook Web App (OWA)、管理ポータル、SharePoint へアクセスすると、ログオン画面が表示されなかったり、ログオンできても真っ白な画面となり利用できないというお問い合わせをいただいております。 ※状況によっては、真っ白な画面ではなくエラーが表示される場合があることも確認しています。 原因は、Internet...
  • 重要情報: 2014 年 10 月 26 日に予定されているロシアのタイム ゾーンの変更とそれによる Exchange への影響

    (この記事は 2014 年 10 月 9 日に The Exchange Team Blog に投稿された記事 Be aware: October 26 2014 Russian time zone changes and Exchange の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 10 月 26 日に予定されているロシアのタイム ゾーンの変更に伴い、ご利用の Exchange のバージョンによっては、該当するタイム ゾーン名、またはそのタイム ゾーンで行われる会議が正しく表示されない可能性があります...
  • Exchange 2007 から Exchange 2013 へ移動したメールボックスの既定フォルダが重複する

    こんにちは、Exchange サポートの大内です。 今回は、Exchange 2007 から Exchange 2013 へメールボックスを移動した際に、フォルダが重複する問題を報告させていただきます。 現象について Exchange 2007 から Exchange 2013 (RTM から CU5) へメールボックスを移動した際に、既定のフォルダが重複する可能性があります。 *既定のフォルダ: 受信トレイ、送信済みアイテム、削除済みアイテム、下書き、ジャーナル、迷惑メール、メモ、仕事、連絡先...
  • Exchange 2013 でのケルベロス認証の設定について

    Exchange 2013 でケルベロス認証を利用する場合には、Exchange 2010 の場合と同様に、ASA (Alternate Service Account) の設定と SPN (Service Principal Name) の登録をしますが、CAS の役割のみインストールされているサーバーで設定するには、Set-ClientAccessServer だけでは設定できません。これは、CAS 上でコマンドレットを実行しても Exchange 管理シェル自体がメールボックス サーバーに接続している状態のためです...
  • 未知の脅威から保護するための Exchange Online Protection (EOP) の進化

    (この記事は 2014 年 10 月 15 日に Office Blogs に投稿された記事 Evolving Exchange Online Protection (EOP) to protect against tomorrow’s threats の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Exchange Online Protection チームの Shobhit Sahay (@ShobhitSahay88)、Levon Esibov...