Site Meter Exchange ブログ JAPAN - Site Home - TechNet Blogs

Exchange ブログ JAPAN

Exchange Server、Exchange Online、Forefront  Protection について、Exchange Server サポート チームより関連情報をお届けいたします。

Exchange ブログ JAPAN

  • Exchange Server 2016 のプレビュー版を発表

    (この記事は 2015 年 7 月 22 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing Exchange Server 2016 Preview! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回、Exchange Server 2016 プレビュー版の提供開始が発表されました。 こちらのページ (英語) からダウンロードできます。Ignite では Exchange Server 2016 をご紹介 (英語) し、一部機能のデモを披露しましたが...
  • 低優先メール機能を迂回するトランスポート ルールが動作しない

    こんにちは。 Exchange サポートの山崎です。 今回は、低優先メール機能を迂回するトランスポート ルールが意図したように動作しない場合の対処策につきましてお伝えいたします。 以下の Technet 記事にて、大事なメールが低優先メール フォルダーに振り分けられないように、特定の条件のメールのみ迂回させる方法をご案内しております。 しかしながら、設定によっては動作しない場合がございます。 TITLE: メッセージが低優先メール機能を迂回できるトランスポート ルールを使用する URL...
  • PST ファイルを廃止する

    (この記事は 2015 年 7 月 8 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Deep Sixing PST Files の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 2 年ほど前、組織での PST ファイルの廃止について説明し、その作業をサポートするツールを紹介しました。そのときの記事が「 .PST を撤退させよう 」です。以来、マイクロソフトではこのツールを更新し、新機能を追加してきました。今回の記事では、次の点についてご説明します。 ...
  • Exchange 2010/2013 における SHA2 証明書の利用について

    * 2015 年 7 月 15 日 Exchange 2007 についても追記し、本投稿を更新しました。 こんにちは。Exchange サポート チームの竹本です。 現在、様々なベンダー様において SHA1 証明書の利用/発行の停止、並びに SHA2 証明書への切り替えが順次進められておりますが、今回は Exchange サーバーにおけるそれぞれの証明書の扱いについてご紹介します。 前提となる SHA1 証明書の概要と Microsoft が予定している措置につきましては、まず以下をご参照ください...
  • 予約の委任機能と標準の委任機能の違い

    (この記事は 2015 年 6 月 29 日に The Exchange Team Blog に投稿された記事 Booking Delegation Vs. Classic Delegation の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 予定表への代理アクセス権の割り当てには 2 とおりの方法があり、それぞれが異なるシナリオを想定しています。しかし、すべてのメールボックス (通常は会議室メールボックス) についてどちらの方法でも割り当て可能なため、会議室やリソースの委任を管理する際に混乱が生じています...
  • Exchange 2013 の Server Role Requirements Calculator を更新

    (この記事は 2015 年 6 月 19 日に Office Blogs に投稿された記事 Exchange 2013 Calculator Updates の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 本日、 Exchange 2013 Server Role Requirements Calculator (英語) の更新版をリリースしました。 このバージョンでは多数のバグが修正されたことに加え、CPU 使用率表、ReplayLagManager のサポート...
  • Exchange 2013 環境での OWA 接続について

    Exchange Server ご利用の皆様 こんにちは、Exchange サポートの河本です。 Exchange 2013 環境ではご利用のクライアント端末の用途に合わせて Outlook、OWA や ActiveSync 接続など複数の接続形式を提供しております。 Outlook Web App (OWA) を主に利用するお客様が多数いらっしゃるため、Exchange 2013 環境で OWA 接続で運用する際に、有益な公開情報一覧として以下に纏めさせて頂きました。 1. OWA の利用条件...
  • PowerShell による管理者監査ログの解析

    (この記事は 2015 年 6 月 15 日に Office Blogs に投稿された記事 Parsing the Admin Audit Logs with PowerShell の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Exchange 2010 で導入された機能の 1 つに管理者監査ログがあります。組織全体の Exchange PowerShell アクティビティの記録を保存して検索できるという、管理者の皆様にとって非常に便利な機能です。 管理者は...
  • Exchange Server の累積更新プログラムおよび更新プログラムのロールアップ (2015 年 6 月版) をリリース

    (この記事は 2015 年 6 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 Released: June 2015 Exchange Cumulative Update and Update Rollups の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Exchange チームは、四半期ごとに提供している Exchange Server 2013 の更新プログラムの最新版に加え、Exchange Server 2010 Service Pack 3...
  • Exchange Online Advanced Threat Protection をリリース

    (この記事は 2015 年 6 月 3 日に Office Blogs に投稿された記事 Exchange Online Advanced Threat Protection is now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) マイクロソフトはこのほど、新しいサービスとして Exchange Online Advanced Threat Protection をリリースしました。一部のお客様にとっては興味深いものだと思いますので、簡単にご紹介します...
  • Exchange Server 2010 における ECP アクセス時の IE 表示遅延

    Exchange Server ご利用の皆様 下記いずれかの Internet Explorer(IE) 用のセキュリティ更新プログラムをインストールすると、IE のバージョンによらず以下の問題が発生することを複数のお客様よりお問い合わせをいただいております。 [環境] Exchange Server 2010 [前提] 以下のいずれか、もしくは両方の更新が IE を利用するクライアントに適用されている。 Title: [MS15-032] Internet Explorer...
  • Ignite 2015 の Exchange 情報

    (この記事は 2015 年 5 月 12 日に Office Blogs に投稿された記事 Exchange @ Ignite 2015 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 先週開催された Microsoft Ignite (英語) には、Exchange および Office 365 をお使いの多くのお客様にお越しいただきました。Exchange に関するさまざまな発表や新コンテンツの公開が行われたほか、コミュニティの皆様にとって改めて交流を深める場にもなったことと思います...
  • Exchange 2013 サービス診断コマンドレットについて

    いつも Exchange Server をご利用いただきありがとうございます。 Exchange Server 2013 には、ブラウザーからグラフィカルなユーザー インタフェース (GUI) ���して提供されている Exchange 管理センター (EAC) にアクセスする方法と PowerShell というコマンドライン ベースのツールである Exchange 管理シェル (EMS) を起動する方法が提供されております。 Exchange 管理シェル (EMS) では、GUI から操作できないきめ細かなオプション指定や...
  • Exchange Server 2010 ハイブリット構成ウィザードにおいてメール フローの構成に失敗する

    Exchange Server 2010 SP3 にてハイブリット構成ウィザード実施する際、以下の公開情報に記載のエラーが発生する場合があります。 Title: "Subtask ValidateConfiguration execution failed: Configure Mail Flow" error when you run the Hybrid Configuration Wizard URL: https://support.microsoft.com/en...
  • フェデレーション環境で Outlook に接続できない! (情報採取編)

    こんにちは、Exchange チームの小林です。 前回 "フェデレーション環境で Outlook に接続できない! (対処編)" にて、ご案内した対策を実施後も事象が解消しない場合には、より詳細な発生状況を確認させていただく必要がございます。ここでは、素早く問題の発生箇所を特定し事象を解消するために最低限必要な情報をご紹介させていただきます。また、これらの情報をお問い合わせ時にお寄せいただくことで、より早い段階で正確な状況の把握が可能となりますので、是非ご一読ください。...
  • フェデレーション環境で Outlook に接続できない! (対処編)

    こんにちは、日本マイクロソフトの小林です。 前回 Outlook からの基本的な認証フローをご案内しましたが、ここではよくある原因をもとに、すぐにお試しいただける対処方法をご案内します。 なお、続編では、対応策を実施後も解消しない場合に採取いただきたい情報および採取手順をご案内する予定ですので併せてご参照ください。 対処方法の概要 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 以下の順番に対処方法を実施いただき、各ステップの完了後に事象が解消したかをご確認いただければと存じます...
  • フェデレーション環境で Outlook に接続できない! (認証フロー編)

    こんにちは、Exchange サポートの小林です。 シングル サインオン (SSO) をご利用のフェデレーション環境にて、パスワードを変更すると Outlook に接続ができなくなったというお問い合わせをいただくことがございます。 主な要因としては、適切なパッチが適用されていない Outlook をご利用いただいているために、クライアント端末に保存された変更前のパスワードを使用して Outlook が認証を行ってしまうことなどがございます。なお、その他の確認ポイントに関しては、別途本ブログにてご案内する予定ですので...
  • 修復済みの Exchange データベースのサポート ポリシーの変更

    (この記事は 2015 年 5 月 1 日に Office Blogs に投稿された記事 New Support Policy for Repaired Exchange Databases の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) データベースの��復プロセスは、多くの場合、他の回復手段 を 利用できない場合に Exchange データベースを回復するための最終手段として使用されます。このプロセスは、マイクロソフト サポートから勧告を受け、かつその他の回復手段をすべて試したと判断した場合にのみ実施します...
  • Exchange 2013 の CPU 使用率の上昇のトラブルシューティング

    (この記事は 2015 年 4 月 30 日に Office Blogs に投稿された記事 Troubleshooting High CPU utilization issues in Exchange 2013 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) はじめに Exchange のサポートを行っていると、私たちはさまざまな問題にぶつかります。中でもとりわけ難しい問題はパフォーマンスの問題です。その背景には、「パフォーマンスの問題」という表現のあいまいさがあります...
  • Exchange Calculator に使用するユーザー メッセージ プロファイルの生成

    (この記事は 2015 年 4 月 27 日に Office Blogs に投稿された記事 Generating user message profiles for use with the Exchange Calculators の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Exchange コミュニティの皆様、こんにちは。 マイクロソフトのプレミア フィールド エンジニアとして Microsoft Exchange を専門に手掛けている Dan Sheehan...
  • Exchange Server 2013 からレガシー バージョンへのメールボックス移動で、「Error: Job is poisoned, poison count = 6」 が発生する

    こんにちは。Exchange サポートの輪島です。 今回は、Exchange Server 2013 とレガシー バージョン (Exchange Server 2007/2010) 間でメールボックス移動を行った際に発生する事象についてご紹介します。 1. 事象について Exchange Server 2013 と Exchange Server 2007/2010 の間でメールボックスの移動を行った際、以下のエラーとなり移動が失敗する場合があります。   Message : Error: Job...
  • Exchange サーバーからのログ収集を効率化

    (この記事は 2015 年 4 月 20 日に Office Blogs に投稿された記事 A better way to collect logs from your Exchange servers の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 問題のトラブルシューティングを行ったり、サーバーのパフォーマンスの基準を規定したりするために、各サーバーから手動で診断ログを収集するのは面倒な作業です。ログを収集したものの、問題が発生していた時点のログが他にも必要になり...
  • vCalendar などを利用して会議出席依頼の機能を実現することに対するサポートに関して

    今回は Exchange Server 2007 以降の環境で vCalendar 形式のメールを送信することで会議出席依頼の機能を実現することに対するサポートについてご紹介いたします。 Outlook や OWA などでは会議出席依頼を送信することで予定を登録する機能が提供されていますが、vCalendar / iCalendar 形式のメールなどを利用して会議出席依��の機能を実現している報告も過去に確認されていました。 実際に vCalendar 形式のメールを送信することで会議出席依頼として処理される場合もございますが...
  • Google Chrome での OWA の利用について

    こんにちは、Exchange サポートの渡辺です。 今回は Google Chrome での OWA の利用について、ご紹介します。 Exchagne 2013 の Outlook Web App (OWA) や Exchange 管理センターに、Google Chrome を使用してアクセスした場合、一部のページやウィンドウが表示されないといった事象が発生する場合があります。 具体的には、OWA でアクセスした際に、添付ファイルの追加やアドレス帳の表示のボタンを押しても反応が無いといった報告がございました...
  • 突然アイテムが消えた!場合の対策

    今回はオンプレミス Exchange Server 2013 や Exchange Online を利用しているお客様で突然アイテムが消えた!という問題に直面した場合に、どのような対策を打つべきかについて纏めました。 アイテムが削除されるとデータの内容によっては非常に深刻な問題となることがありますので、今回ご紹介する内容がお役に立てればと思っております。 A. Exchange Server のデータ保護機能について オンプレミス Exchange Server 2013 や Exchange...