テスト環境(作成した環境ではない環境)でテストです。

今回のシナリオでは、 Windows Virtual PC + XP MODE が便利です。 そのまま XP 環境を Windows 7 にアップグレードしてしまえばテストに使えます。

まずは、テスト証明書をテスト環境にインストールします(開発環境で、Cer ファイルにエクスポートしておきます)。

1. Cer ファイルをダブルクリックして、表示して[証明書のインストール]をクリックします。

image

2.  ウィザードに従って進めていきますが、場所を選択するところで、[信頼されたルート証明期間] を選びます。

image 

後は画面に従って完了します。

 

では実行です。 USMT のコピーが終わった後に troubleshooting pack が起動してきました。

image

次へを押して進めると、Windows.old フォルダがあるので、scanstate が動きます。

image

scanstate が問題なく終わると、loadstate が動きます。

image

loadstate が問題なく終わると、usmtutils を使ってマイグレーションストアの削除を行います。 入力を求められるので Y を入力し、Enter を押します。

image

その後は、1分後に再起動です。 見つかった問題も解決済みになっています。

image

再起動後 XPMUser のプロファイルが追加されています。

image

XPMUser でログインすると、デスクトップにはアイコンがあり、ファイルもちゃんとドキュメントに入っています。 テーマが解除されているので、テーマは再設定の必要があります。

image

テーマを再設定すると下記のようになります。

image

今回はレジストリの内容まで確認していませんが、USMT はレジストリの内容まで移行するので、アプリケーションを入れなおせば設定された内容で使えるはずです。

 

テストは問題ないので、後は本番用に実行するパックと EXE にちゃんとしたサインを施せば OK という感じですね。

 

#とりあえずテスト証明書の段階でも試してみたい方は、ファイルを下記に入れておきましたので、どんな感じなのかを確認いただけます。

http://zx9b0w.blu.livefilestore.com/y1pKV38ynqDRYtCMm2soaPp8ln3dai8B-g27H02Fp8PcXJRnn7ezhvlA5T02f0SuJqMKPwxHb3StFmFWUOuPcsI-KLm1PAjH_Oh/GetWinOld.zip?download

Microsoft Japan Forum Operators Blog からの移行です