Browse by Tags

Related Posts
  • Blog Post: SharePoint JSOM を使用したアイテムの CRUD 方法

    こんにちは SharePoint サポートの森 健吾 (kenmori) です。 今回の投稿では、 SharePoint Online または SharePoint 2013 サイト上のページから JSOM (JavaScript オブジェクト モデル) を使用し、リストアイテムを CRUD (Create, Read, Update, Delete) 操作する方法についてサンプルを記載します。 前回の REST に関する投稿で記載した通りですが、 SharePoint のクライアント サイド API は、下記のような用途で使い分けされます。 CSOM ...
  • Blog Post: SharePoint REST サービスを使用したアイテムの CRUD 方法

    こんにちは SharePoint サポートの森 健吾 (kenmori) です。 今回の投稿では、 SharePoint Online または SharePoint 2013 サイト上のページから REST API を使用し、リストアイテムを CRUD (Create, Read, Update, Delete) 操作する方法についてサンプルを記載します。 今回紹介する方法は、 SharePoint の REST サービスを理解する上で非常に重要であり、 SharePoint アプリなどを作っていく前に一度経験しておいた方が良い内容です。ただし、今回ご案内するサンプルは...
  • Blog Post: SharePoint のページをフレーム (FRAME,IFRAME) 内に表示する方法について

    こんにちは、 SharePoint サポートの森 健吾 (kenmori) です。 今回の投稿では、 SharePoint Online または SharePoint Server 2013 のページをフレーム 内 で 表示する と " このコンテンツはフレーム内に表示できません。 " とエラー発生する現象について 原因と対処策を ご説明します。 SharePoint Online や複数 On Premises など、様々な環境間でのハイブリッド運用シナリオが増えてきており、特に下記のようなシナリオで IFRAME を使用することが一般的となっています。 ・ ページ��成者が他ファームやテナントの...
  • Blog Post: SharePoint Online における InfoPath ブラウザー フォームの制限事項について

    こんにちは、SharePoint サポートの森 健吾 (kenmori) です。今回の投稿では、InfoPath Web ブラウザー フォームを SharePoint Online で使用する際における制限事項について、検討段階であらかじめ認識できるよう下記にまとめさせていただきます。 InfoPath ブラウザー フォームは On-Premise 環境を前提に開発が進められ、開発経験がなくてもフォーム テンプレートを直感的かつ効率的に作成できる点で多大な人気を集めた製品です。ただし、クラウドが前提になった場合、その技術的な特性上、インターネット経由のデータ アクセスや、テナント形式による共通のサーバー...
  • Blog Post: SharePoint Online の個人用サイトを管理者が作成する方法

    こんにちは。 SharePoint サポート チームの成田です。 今回は SharePoint Online 上の個人用サイトを管理者が予め作成する方法について記載したいと思います。 オンプレミスの SharePoint Server 2013 の個人用サイトを管理者が予め作成する方法は こちら をご確認ください。 SharePoint のソーシャル機能を使うためには、各ユーザーが個人用サイトが作成されている必要があります。 個人用サイトが作成されるタイミングは、通常はサイトページ上の [ニュース フィード] や、ユーザー名のドロップダウンの [プロファイル] をクリックした時で、クリックしてから作成が完了するまでユーザーが数分間待たされることになります...
  • Blog Post: [Office 365] SharePoint Online と連携する Office アプリケーションについて

    みなさん、こんにちは。キダです。久々の投稿となりますが、今回は SharePoint Online に関する情報をお届けします。 Office 365 が正式に公開されてから数ケ月経ちますが、皆さんはお試しになりましたか? SharePoint に関しては BPOS (MOSS 2007 ベース ) のときは使用できる機能がずいぶんと制限されていましたが、 Office 365 (SharePoint Server 2010 ベース ) になってから使用できる機能が大幅に増えました。 さて、 SharePoint Server 2010 のウリの 1 つは Word...