JAZUGのイベント「Global Windows Azure Boot Camp」に参加してきました。このイベントは、全世界の Windows Azure コミュニティで 実施され、今回は世界規模のコミュニティとして組織されていて世界130箇所以上で同じ日に行われたとのことです。Azureというグローバルなプラットフォームであることと、また熱心なユーザーコミュニティのみなさんがあってのイベントだと思います。

イベントの開催概要はこちら。togetterはこちら。.

さて、私はクラウド業界自体はそこそこ長くなってきたので、JAZUGのことは当然入社以前から知っていたのですが、そのイベントに参加するのは初めてです。もともとAzureユーザーということでもなく、コミュニティに参加しているうちにマイクロソフトに入社したという経緯ではないため、そのプロセスのないまま中の人になってしまったという感じです。とは言え、IT業界、とくにクラウド業界はコミュニティの盛り上がりなくしてはスケールしないため、JAZUGの存在と活動は気になっていました。

今回、初めてJAZUGに顔を出したのですが、通常のオーディエンスとしての参加ではなく、なんといきなりスピーカとしての登壇という形でした・・・!

コミュニティなので、むしろ中の人はそれをサポートするのが役割ではあると思うのですが、ひょんなことからJAZUG部長の @k1hash さんから依頼があり、今回の機会に至ったのでした。詳細は下記資料をご覧ください(※注 ネタスライド、際どい内容などは割愛していますのであしからず)。

マイクロソフトに入社して10ヵ月ほど経ち、コミュニティのみなさんと交流を持つうえで、私の経歴や現業での役割を整理してお伝えすること、また私が前職からAWSに携わって来て、その上でのマイクロソフトの人としての観点にてお伝えすることなどを主眼に、全体を構成してお話させていただきました。結果的に、私にとっても凄くよい機会となりました。

 

 


 

@k1hash さんの挨拶からイベントは始まっています。 

午前中は @harutama さんの「Windows Azure の現状と歴史!」、スウェーデンから来日したMVPのMagnusさんの「Global Windows Azure Charity の説明, 世界で面白い Azure の利用方法(仮)」でした( @normalian さんの軽快な通訳が大活躍!)。

歴史と現状の内容は、2013年以降のサマリーの内容で、Azureに特に馴染みのない方には良いまとめでキャッチアップが進んだことと思います。

Magnus氏は、提供されたモジュールを参加者がDLしてAzureにデプロイすると、その数だけチャリティーになるという企画をリードして、その場で参加者たちがチャリティ参加するというセッションでした。企画の詳細はこちら

タイムテーブルを見ていただければわかりますが、ランチセッション、そして午後は私のセッションにつづいて他の方々のセッション、そしてLT、懇親会という流れでした。他の方のセッションも、資料が手に入り次第、随時アップしてゆきたいと思いますので、まずは写真のみ掲載しておきます。

Cloudliveの浅見さん、橋本さんによるランチセッション。参加者にランダムに質問などしてもらい、それに対してMC側がプロフェッショナルな回答をしてゆくという試み。

@takekazuomi さんの「Generating unique ID numbers in Microsoft Azure」。

@statemachine さん & @normalian さんの「Windows Azure 上の Java 事情」。

株式会社グラニ @tanaka_733 さんの「Modern Logging and Data Analysis Pattern on .NET」 。

@kikutaro_ さんの「Windows Azureを利用したDevOps入門(仮)」 。

ここからLT(ライトニングトーク)です。

@garicchi さんの「クラウディアさんとWindows Azure Platform Training kitでトレーニング!」。

 
@mayukiさんの「Windows AzureにVPNサーバーを立てる話」。
※スイマセン、写真はピンボケで掲載できるものではありませんでした (><)
@nakansuke さんの「私はゲスでもSendGridはゲスくありません!」。

片倉健さんの 「ヤバすぎるネオ読書術"flier(フライヤー)"とは一体!? 」。

会場のすぐ外のロビーでの懇親会。

Cloudlive 浅見さんのリードによる "デプロイ三唱" にて〆め。

今回、初めてJAZUGのイベントに参加だったのですが、前職からJAWS-UGのイベントに参加したり、スピーカにしても普段からセミナー講師を務めるなどして慣れているはずなのですが、マイクロソフト中の人としてコミュニティの方々との関わりを考えると、今まで気楽に参加していたのとは少々ちがうのかなと、参加するまえから少し身構えてしまっていました。
会場もマイクロソフトの社屋で、いつもセミナーをやっている会場で慣れているはずなのですが、やはり違うものですね。
しかし実際に参加してみると、そんな考え事はどこ吹く風やら、初めてお会いした人が多いのにも関わらず、Azureが好きで使ってくれている人たちのいろいろな話が聞けて、私の仕事にもすごくやりがいを感じられるような、凄く嬉しい感覚を覚えました。
お誘いをしてくださった @hashk1さん、運営を切り盛りしていた @normalian さんを初めJAZUGのコアメンバーの皆様、スポンサー企業様、運営を支えたDPEの皆様、そして実際に参加してくださった皆様に改めてお礼をお伝えしたいです。
ありがとうございました! ^^