フィルターなしの HTML

Browse by Tags

  • Blog Post: Office 2013 Service Pack 1 が公開されました

    (この記事は 2014 年 2 月 25 日に���稿された記事 Office 2013 Service Pack 1 now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 本日マイクロソフトは、Office 2013、SharePoint 2013、および Exchange Server 2013 を含む一連の Office 2013 製品向けの Service Pack 1 (SP1) を公開しました。今回の SP1 によって、安定性の向上、機能拡張、セキュリティ強化に加え、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2...
  • Blog Post: Windows 8 および iOS タブレットでのタッチ操作による Office Web Apps の編集

    Posted by Renu Devi 8 月 20 日 先日、Microsoft は 新しい Office Web Apps を発表しました。私たちはこのアプリに新機能を追加し、パフォーマンスを改善しました。また、さまざまなブラウザーを使用して文書にどこからでもアクセスできる環境も引き続き提供しています。 今日は、皆さんに新たな次元の入力方法である「タッチ方式」をご紹介できるのを大変嬉しく思っています。Office Web Apps の表示および編集といった本格的な機能を、タッチ機能対応のタブレットやブラウザーで利用できるようになりました...
  • Blog Post: Word 2013: Word 文書へのビデオの追加

    Posted by Word チーム 8 月 23 日 今日は、 Word チームで Word 文書への Web ビデオの追加を担当する Seth Fox による記事をお届けします。 ビデオは、読み手を惹き付けたり、ストーリーを語ったり、感情を喚起させたり、効果的にコミュニケーションするためのすばらしい手段です。ビデオは Web 上のいたるところにあり (ニュース記事、ブログ、Web サイトなど)、デジタルで送信するドキュメントを強化するにはうってつけです。新しい Word では、文書に Web ビデオを直接挿入する機能が追加されました。これにより、言葉とビデオを組み合わせた表現豊かでインタラクティブな文書を作成できます...
  • Blog Post: Word 2013 のお知らせ

    7 月 30 日 Posted by Word Team この記事では、 Word チームのシニアリード プログラム マネージャー、 Tristan Davis が Word 2013 をご紹介します。 先日、 Office のカスタマー プレビュー版 が公開されました。これを機に、今後しばらくは Word 2013 関連の記事を投稿することにします。今回はその第一弾として、Word 2013 の概要とその開発哲学をユーザーの皆さんにご紹介します。 新しい Office 新しい Office は、皆さんにご愛用いただいてきた Officeの画期的なアップデートです...
  • Blog Post: Microsoft によるPDFサポート

    (この記事は MSDNブログ 2013 年4 月4 日に投稿された記事 “Microsoft Supporft for PDF” の翻訳です。日本語は参考訳です。原文をご参照ください。) Microsoft Office が提供するPDF のサポート レベルについて、質問を受けることがあります。PDF は2008年以来 ISO 32000 によって国際標準となりました。また、アーカイブ (PDF/A, ISO19005) など特定の使用法に関しては、付随する国際規格があります。私達は現在お客様に、多くのオプションがある「PDF 形式で保存する」、もしくは、「PDF...
  • Blog Post: Word 2013: Word 文書をオンラインでプレゼンテーション

    Posted by Word チーム 9 月 11 日 Word 文書をリアルタイムで誰かと一緒に作成したり、推敲したいときに、その相手がいつも自分と同じ場所にいるとは限りません。メッセージングや音声ビデオ会議ソフトウェアが普及しつつある現在、人々は複数の場所にいながらコラボレーションを行います。クラスメートと一緒に授業プロジェクトに取り組む学生や、契約書を顧客と共有したい中小企業事業主、または離れた場所にいる家族と一緒に手紙を作成したい場合など、どのような Word ユーザーにとっても、文書を簡単に共有しながら共同で作業できる機能が重要であることを私たちはよく認識しています。 そこで...
  • Blog Post: Word および PowerPoint のグラフのデータ グリッド機能が向上

    (この記事は Excel ブログ 2013年 4 月 25 日に投稿された記事 Improved data grid for charts in Word and PowerPoint の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) この記事はグラフィックスおよびデータ ビジュアル化担当チームのプログラム マネージャーである Kevin Donovanが担当しました。 新しい Office アプリケーションのグラフ機能に追加されたものの、見過ごされそうな機能改善の 1 つが、Excel と PowerPoint/Word との共同作業である「データ グリッド」です...
  • Blog Post: 新しい Office の新機能紹介ビデオ (from Office.com)

    本日は、Office.com で公開されている、新しい Office の新機能紹介ビデオをご紹介します。 Office 2013 の新機能 Microsoft Office を開いてまず目に付くのは、きれいで新しくなった外観です。しかも、使い慣れた機能はそのままに、大幅な時間の節約につながる新しい機能もいくつか追加されています。また、新しい Office は、スマートフォン、タブレット、クラウド、さらには Office がインストールされていない PC 上でも機能します。そのため、どこにいても、どのようなデバイスを使用していても、いつでも重要なファイルにアクセスできるようになりました...
  • Blog Post: Office: Word 2013 のコメントと変更履歴

    Posted by Word チーム 8 月 28 日 今回の記事は、Word チームのプログラム マネージャーで、コメントおよび変更履歴機能の責任者である Jonathan Bailor が執筆しました。 既出の Word 2013 概要紹介記事 (執筆者: Tristan) で述べられていたとおり、今回のバージョンでは、既存のユーザー エクスペリエンスや利用シナリオを洗練させることを最も重視し、「新機能の追加」はむしろ二の次としました。そして、改良の対象となった具体的な利用シナリオの 1 つが、文書レビュー作業です。 シンプルな変更履歴/コメント ― Word 2013...
  • Blog Post: 新しい Office の TIPS 100 本公開!

    10 月 19 日より Office 2010 から 次期 Office へのアップグレード プログラム ※ が開始され、更に次期 Office への期待が高まっています。 ※ 次期 Office 無償アップグレード プログラム http://www.office.com/offer 今 Office 2010 を購入し、対象期間中にライセンス認証を行うと、新しい Office が無償で提供されるプログラムです。 マルチデバイス、クラウド、ソーシャルといった IT を取り巻く環境の急速な変化に対応した新しい Office。タッチ操作、ペン入力、マウス、キーボード、ほとんどのデバイスに対応できるシンプルで直感的なデザイン...
  • Blog Post: 【MVP Blog】 SkyDrive との融合で、よりパワーアップする "新しい Office"

    本記事は Microsoft MVP (Most Valuable Professional) アワード受賞者によって執筆されました。 高橋 明夫 / Microsoft MVP for Office System 時はまさにクラウド 新聞や雑誌などの至る所で、聞かれる機会の多くなった "クラウド" というキーワード。でもまだまだ、"クラウド" と言っても、ホームユーザーにとってみると、今ひとつピンとこなかった人も多かったはず。企業やビジネスユーザーのためのものでしょ?っと、思われている人も多いのかもしれません。でも "新しい Office" は、そんな " 心の垣根 " も取り去ってくれます...
  • Blog Post: 新しい Office Web Apps

    2012年7月20日 Posted by Gray Knowlton エディターズ ノート: 本ブログにおいて、マイクロソフト は次期 Office を公開しました。さらに、 Office とクラウド の詳細を明らかにし、そして多数の利用者から寄せられたフィードバックとパワーを基にブラウザーの柔軟性を高めた仕組みをご案内しました。そして今回、新しい Office Web Apps の基盤となっている機能や技術的について、より深く掘り下げてご紹介します。Office Web Apps は SkyDrive および Office 365 プレビューから利用できます。Office Web...
  • Blog Post: Word 2013: 新しい Word 2013 の文書スタイル切り替え

    Posted by Word チーム 9 月 6 日 この記事の執筆者は、 Word の新しいスタイル機能を担当したプログラム マネージャーの Caitlin Ashley-Rollman です。 Word のユーザーは、文章を書くのに時間を費やすのと同じくらい、文書の書式設定で見た目の形を整えることにも時間をかけます。出版に使うための要件を満たすため、ほかの作品よりも目を引くようにするため、あるいは単に読みやすくするためなど目的はさまざまですが、それくらい、体裁を整えることは大切です。Word 2013 では、非常に簡単に文書全体のスタイルを切り替え、目的に合わせて見栄えを整えることができます...
  • Blog Post: Word: 新しい Word で表を操作する

    Posted by Word チーム 8 月 30 日 この記事の執筆者は、 Word の表の機能を担当しているプログラム マネージャー Caitlin Ashley-Rollman です。 小さなことが大切です。 Word の今回のリリースでは、毎日行う作業を単純にすることで、皆さまの生活を少しだけ楽にしたいという願いがありました。多くの文書で表は重要な役割を担うため、表の機能を改善することは大事だと考えました。そこで、新しい Word では、表の機能を向上させることで、基本的な表を簡単に作成したり書式設定できるようにすることに注力しました。 行と列の追加 ...
  • Blog Post: コメントの活用

    Posted by Nick Simons 8 月 9 日 私はこのブログを、SkyDrive で書いています。自宅で書き始めて、職場で仕上げようとしているから、という理由もありますが、それだけではありません。有能なチームメンバーに意見を聞きたいと思ったからです。そこで、この投稿をグループのメンバーに送信して、私が書いたことへのフィードバックをもらおうと思います。何年か前なら、電子メールに添付して送っていたでしょう。しかし今それをやると、いささか面倒なことになります。 まず、すべての人が添付ファイルを開けるとは限りません。もっとも、これは私の職場ではそれほど大きな問題ではありません...
  • Blog Post: Office: 新しくなった Word をお試しください

    Posted by Word チーム 8 月 16 日 今日はタッチ機能について、 Word チームのプログラムマネージャーである Michelle Lisse がお話しします。 近年はタッチ デバイスが隆盛を極めています。これまで、Word ではタッチ方式については限定的にしか対応していませんでした。しかし今回はその範囲を拡げ、Windows 8 で Word が輝けるよう、タッチ式特有の機能について機能向上を図りました。 この記事では、今リリースの Word でタッチ方式による編集を強化するために行った変更内容についてお話しします。特別なタッチモードのリボンやコンテキスト...
  • Blog Post: Office トレーニング ビデオ

    マイクロソフト認定トレーナーが Office を解説。無料のトレーニングビデオ 22 本を公開中 Office トレーニング ビデオ では、Office の各アプリケーションの基本操作から新しい Office の変更点まで、全 22 本のビデオを公開中です。 新しい Office の機能と使いこなすためのポイントを、マイクロソフト認定トレーナーがデモを交えて丁寧に解説します。もちろん視聴は無料です。 Office プレビュー をインストール済みの方は、ビデオを見ながら新しい Office の操作をお試しください。 Office の各種機能と使いこなすポイント...
  • Blog Post: 新しい Word の閲覧モード

    8 月 7 日 Posted by Word チーム 今日は、Word 最新版の閲覧機能を担当した 4 人のプログラム マネージャーによる記事をお届けします。執筆者は、閲覧モード全体の責任者 Michelle Lisse、まったく新しいオブジェクト ズーム機能の責任者 Alyshia Olsen、ナビゲーション ウィンドウ改良作業の責任者 Peter Frem、そして、閲覧の再開機能の責任者 Amir Mehrabian です。 Word はコンテンツ オーサリングの分野で常に圧倒的な強さを発揮してきましたが、文書に関する作業は作成だけではありません。レビューやコラボレーションでも重要です...