フィルターなしの HTML

OneNote for Mac および iOS が装いを新たに、職場や学校での利便性が向上

OneNote for Mac および iOS が装いを新たに、職場や学校での利便性が向上

  • Comments 1
  • Likes

(この記事は 2014 年 7 月 29 日に Office Blogs に投稿された記事 OneNote for Mac and iOS get dressed for business and school の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

このたび、OneNote for MacOneNote for iPadOneNote for iPhone に 4 つの重要な更新が実施されました。これらの機能強化は 5 月に実施されたばかりの更新に基づくもので、これによって OneNote は、職場や学校でノートを取ったり情報を整理したりするうえで最適なアプリになります。

お客様から最も多く寄せられるご要望にお応えするために、今回のリリースでは以下の機能を追加または強化しました。

  1. Office 365 の SharePoint Online または OneDrive for Business 上に保存されている仕事/学校用ノートブックに、Mac からアクセスする機能を追加

  2. ノートブックのページに PDF などのファイルを表示/挿入する機能を追加

  3. パスワード保護されたセクションを表示する機能を追加

  4. ノートの整理、コンテンツの取り込み、ノートの共有に関する機能を強化

これらの最新バージョンは、現在 App Store からダウンロードしていただけます。ここからは、今回の更新について詳しく説明します。

OneDrive for Business/Office 365 上にあるノートブックへのアクセス

OneDrive for Business 上にある仕事/学校用ノートブックにアクセスする機能については、以前から OneNote for Mac ユーザーの皆様から多くのご要望をいただいていました。その声にお応えするために、今回の更新でこの機能を追加しました。OneDrive for Business 上にある個人用プロジェクトや共有プロジェクト、授業用ノートブックの表示、同期、作成を行うことができます。さらに、職場や学校でのみ OneNote を使用している場合は、組織アカウントで直接サインインできるため、OneNote を開いてすぐに作業を始められるようになりました。

添付ファイルの挿入と表示

上司との重要な会議を控えているビジネス ユーザーにも、新年度に��けて準備している学生にも、簡単に情報を整理したり、すべてのノートや関連ドキュメントをノートブックにまとめたりして OneNote を便利にお使いいただけるように、マイクロソフトでは継続的にさまざまな機能を追加しています。今回は、Mac、iPad、iPhone 上で、PDF の印刷イメージなどのファイルをノートブックに挿入、表示できるようにしました。Mac の場合、PowerPoint プレゼンテーションや Word ドキュメントをノートに添付ファイルとしてドラッグ アンド ドロップしてから、OS に組み込まれている Quick Look や OneNote アプリ自体で表示することが可能です。

iPad または iPhone の場合は、[Open in OneNote] を選択することで、メールなどのアプリで受け取った画像やドキュメントを挿入できます。これで、たとえ外出先にいるときでも、OneNote で作業中のプロジェクトに関連する重要なドキュメントを見失うようなことはなくなります。

さらに、PDF ファイルを会議用や講義用のスライド、研究論文、授業での読み物といったノートに印刷イメージとして挿入して、注釈を簡単に追加することができます。

パスワード保護されたセクションのロック解除

マイクロソフトでは、Windows 向けの OneNote で作成され、パスワード保護されたセクションにアクセスする機能に関して多くのご要望をいただいており、このたび Mac、iPhone、iPad でこの機能をご利用いただけるようにしました。該当するセクションに移動してパスワードを入力するだけで、保護されたノートにアクセス可能です。ノートを確認または編集した後には、そのセクションを簡単に再度ロックすることができます。また、手動でロックしなくても、数分後にはセクションが自動的にロックされます。これで、他のユーザーの目に触れないように保護した状態を維持しながら、社外秘のノートや参考書などにアクセスすることができます。

ノートの整理と並べ替え

ノートブックにセクションやセクション グループ、ページを追加するとき、項目を並べ替えたり移動させたりして、ノートを整理したいとお考えになる方も多いでしょう。特に、同僚や学生とノートブックを共有しており、その共有ノートブックのさまざまな場所に他のユーザーが新しいコンテンツを追加していくような場合、こうした機能が利用できると便利です。そこで今回、Mac と iOS デバイスからノートブックを整理できるようにしました。

コピーと貼り付けの機能強化

コンテンツを OneNote に取り込む際の利便性を高めるために、今回のリリースでは、iOS と Mac の両方でコピーと貼り付けの機能をさらに強化しました。たとえばプロジェクト関連の調査を行う場合に、自宅、学校、職場のどこにいても、またどのデバイスを使用していても、Web サイトや他のアプリから書式付きコンテンツをコピーして、ノートに貼り付けることが可能です。

ページを電子メールで送信する機能の強化

OneNote for Mac では、ノートを PDF 形式の添付ファイルとして送信できる機能に加えて、ノートをメール本文に含めて送信することも可能になりました。この機能は、会議や授業のノートを他のユーザーに送るときに便利です。

これまでご説明した更新内容をぜひお試しいただき、ご意見をお聞かせください。マイクロソフトは、皆様のご意見を参考に、ご要望の多い機能の開発を進めるなど、OneNote の機能を引き続き強化してまいります。また、先日新たにフィードバック用サイト (英語) を立ち上げました。こちらでは、ご要望を投稿したり、既に寄せられているご要望に投票したりすることが可能です。皆様のご意見をお待ちしております。

OneNote の詳細情報や、各種デバイス向け OneNote アプリのダウンロードについては、OneNote.com にアクセスしてください。

Your comment has been posted.   Close
Thank you, your comment requires moderation so it may take a while to appear.   Close
Leave a Comment
  • 日本向けのiPad向けオフィスはいつになれば提供するのか?
    もう何ヶ月待たせる気だ。さっさとリリースしてほしい。
    有料でも無料でも文句は言わないから。
    米マイクロソフトとよく協議して早く日にちだけでも決めていただきたい。