フィルターなしの HTML

OneNote Web App なら、いつでもどこにいても OneNote を使用可能

OneNote Web App なら、いつでもどこにいても OneNote を使用可能

  • Comments 1
  • Likes

(この記事は 2014 年 1 月 28 日に OneNote ブログに投稿された記事 Use OneNote anywhere with the OneNote Web App の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

OneNote Web App を使用すると、どんな Web ブラウザーからでもメモやアイデアを記録したり、利用したりすることができます。OneNote を使用したことがない方は、まずは Web 版をお気軽にお試しください。Windows、Windows Phone、iPhone、iPad、Android デバイスで使用できるダウンロード版も、onenote.com サイトにご用意しています。

OneNote Web App を使い始めよう

OneNote Web App を使い始めるのは本当に簡単です。

  1. onenote.com サイトにアクセスし、ページの一番上にある [サインイン] ボタンをクリックします。

  2. サインイン画面で、ご自身の Microsoft アカウントのメール アドレスとパスワードを入力します (メモ: Microsoft アカウントをお持ちでない方は、まずアカウントを作成してください)。

  3. サインインすると、自分の OneNote ノートブック、および他のユーザーと共有しているノートブックの一覧が表示されます。ノートブックはクリックするだけで開けます (メモ: ノートブックが 1 つしかない場合は、そのノートブックが自動で開きます。ノートブックが 1 つもない場合は、自動的にノートブックが作成され、そこからスタートすることができます)。

作成したノートブックは、従来と同じように SkyDrive に保存されます。これで今後は onenote.com サイトから、簡単にノートブックにアクセスできます!

新しくなった OneNote Web App のナビゲーション ウィンドウ

ノートブックを開くと、OneNote Web App ナビゲーション ウィンドウにいくつか変更点があることにお気付きになるでしょう。別のセクションやページにより簡単に移動できるよう、ナビゲーション ウィンドウの対話機能とデザインを改良しました。次の画像のとおり、セクション列とページ列が新しく設けられています。

ご意見をお聞かせください

マイクロソフトでは皆様のご意見やご感想をお待ちしています。ぜひコメント欄にフィードバックをお寄せください。

——————————


OneNote のダウンロード: onenote.com

OneNote の Twitter アカウント: twitter.com/msonenote

OneNote の Facebook アカウント: facebook.com/OneNote

Your comment has been posted.   Close
Thank you, your comment requires moderation so it may take a while to appear.   Close
Leave a Comment
  • それだと、ますますWindowsが要らなくなる日が遠くない。 iPad版Officeも今後出るような噂たってるし。記事の内容とだいぶ逸脱するけど、そろそろWindows OSも完全無料化も考えてほしいな。 Officeももっと値を下げて発売すべきだと思うし。まぁOfficeをタダで配布しろとはいえないから1000円位で売ってくれれば、最上エディションで。