(この記事は 2013 年 11 月 6 日に Word Blog に投稿された記事の翻訳です)

投稿者: Word チーム、11 月 6 日

 

頼りになる Word が、いつでも、どこからでも使えるとしたら、これほどすばらしいことはありません。Word Web App は無償で利用できるオンライン版の Word で、既にご愛用いただいている Office の機能と操作性を、Web アプリケーションとしてご提供します。当チームでは、Word Web App をさらに良いものにしようと日々努力しており、今回、開発の成果を皆さんにお知らせできることを嬉しく思っています。以下のビデオをご覧になり、記事を読み進めると、Word Web App の新機能をご確認いただけます。また、こちらのブログ記事では、Word、Excel、PowerPoint、および OneNote など、すべての Office Web App に共通した、オンライン上での編集や共同作業について説明しているので、ぜひご参照ください。

Word Web App の新しい共同編集機能を利用すれば、友人、家族、同僚と、ドキュメントをリアルタイムに同時編集できます。この機能により、同じドキュメントを開いている全員が、これまで以上に簡単に、最新の状態を把握しながら、他のユーザーがアイデアを生み出し発展させていく様子を目の前で確認できるようになりました。ただし、ドキュメントを同僚と同時に編集できるだけでは、十分な機能とは言えません。たくさんの人が協力し、同時に作業する場合は、だれが何を変更しているのかが把握しにくくなります。もっとわかりやすいリアルタイムの共同作業を実現するため、今回新たに、ドキュメント上で同僚がカーソルを置いている位置に、小さなインジケーターが表示されるようになったので、他のメンバーがどの部分を編集しているのかを常に確認できます。

 

 

自動保存機能

人生にはトラブルが付き物です。編集内容が消えてしまう事態はその例の 1 つとも言えますが、マイクロソフトはこれを防ぐため、Word Web App に自動保存機能を追加しました。この更新により、Word Web App では、ドキュメントに加えた変更点が自動的に保存されるようになりました。これからは、保存ボタンを押すことを気に掛けずに済むため、レポートの作成に集中できます。

 

ヘッダー、フッター、ページ番号

マイクロソフトでは、ユーザーの皆さんにとって最も重要性の高い機能を開発していくために、いただいたフィードバックを常に参考にしています。中でも、オンラインでヘッダーとフッターを追加できるようにしてほしいという要望が非常に多く寄せられていたことを受け、当社のエンジニアリング チームが、この機能を Word Web App に追加しました。

現在、ヘッダー、フッター、ページ番号は、ドキュメントに簡単に挿入可能です。また、ヘッダーおよびフッター内で、テキストやページ番号の挿入位置をより正確に指定できるようになりました。この機能は、レポートに
MLA 書式のヘッダーを追加する場合などに、特に効果を発揮します。

   

 

マイクロソフトは、ニーズの多い Word 機能を Web に移植すると同時に、オンラインでドキュメントを作成する際の柔軟性と制御性の向上にも配慮しています。たとえば、ドキュメントの全ページにヘッダーとフッターを挿入する場合、1 ページ目を除外できるようにすることで、ヘッダーやフッターのない、すっきりとしたレイアウトのカバー ページを簡単に作成できるようにしました。

 

表の書式

デスクトップ版 Word の最も優れた特長の 1 つは、見栄えの良いドキュメントを手軽に作成できる点です。今回、たくさんの新機能を Word Web App に取り入れたことで、オンラインでも洗練された書式設定を簡単に適用できるようになり、特に表の書式については大幅な拡充を図っています。


 

表の書式機能には、本格的なレイアウトがあらかじめ豊富に組み込まれています。また、表の書式は、ドキュメントのテーマのカラー パレットを自動的に反映するため、統一感のあるデザインでドキュメントをすばやく簡単に作成できます。さらに、表の書式オプションを使用してカスタマイズすれば、列を縞模様にするなど複雑な書式設定を手軽に適用できるため、表のセルを手動で個別に調整する必要はありません。

 

検索と置換

また、検索機能と置換機能も、Word Web App に新しく追加されました。皆さんご存知のこの機能は、たとえば「求心力」という言葉を使うつもりで、ドキュメント全体にわたって「遠心力」と誤って入力していたことに気付いた場合などに、効率的に修正できるのでたいへん便利です。

 

 

改ページ

最後にもう 1 つ、新機能をご紹介します。Word Web App で、改ページが挿入できるようになりました。多くの皆さんがそうするように、参考文献一覧を常にページの最初から始めるといったことが可能になります。

ご紹介したすべての機能と Word Web App の世界を体験するには、こちらにアクセス (英語) してください。ぜひ、新しくなった Word Web App をお試しください。また、下部のコメント欄にご意見をお寄せいただけますと幸いです。