(この記事は 2013 年 11 月 6 日に Office 365 Technology Blog に掲載された記事の翻訳です)

ドキュメントの出来は、そのドキュメントの作成にかかわる人々の腕にかかっています。マイクロソフトは本日、Office Web Apps の新しいドキュメント共同編集機能を発表しました。

このリアルタイム共同編集機能を使用すると、同僚、友人、家族が、Word Web App、PowerPoint Web App、Excel Web App 上で同時にドキュメント編集を行うことができます。新しいプレゼンス表示機能では、他のユーザーが作業した結果をドキュメント内でリアルタイムに確認できるので、同じ箇所を複数の人が重複して編集してしまう心配がありません。また、テキストやフォーマットが変更されると、その変更内容がすぐに反映されるようになったため、複数のユーザーが同じページを開いた状態でアイデアを出し合うことができます。

さらに、作業した内容が Office Web Apps にその都度保存されるようになり、他のメンバーが編集した内容もすぐにドキュメントに反映されます。

Office Web Apps のことを知らなかった方も、ぜひこれからご利用ください。Office Web Apps は、Office のさまざまな機能を使用できる無料のアプリケーションであり、コアの Office アプリケーションのオンライン バージョンです。Office Web Apps を使用すると、Excel、Word、PowerPoint、OneNote の各種ファイルを使い慣れた Office エクスペリエンスによって、いつどこにいてもオンライン上で編集したり、複数のユーザーと共同で作業をしたりすることができます。

 

Office で複数のユーザーと共同作業

リアルタイムの共同編集機能が導入されたことにより、Office で可能な共同作業の内容が新たな次元へと引き上げられました。ユーザーは、Web、デスクトップ、Windows タブレット、iPad、その他モバイル デバイスなどの好みの端末から、オフラインまたはオンラインで各種 Office ツールを利用して共同作業を進めることができます。

たとえば、チーム全員が Office Web Apps を通じて作業ミーティングに参加し、1 つのプロジェクトを完遂するという計画を立てたとします。しかし、ある 1 人のメンバーがそのミーティングに参加できなかった場合、どうす��ばよいでしょうか? 彼は、作業が可能なときに、自分のコンピューターにインストールされている Office アプリケーションから担当の改訂部分を仕上げることができます。変更を保存すれば、クラウドに保管されているドキュメントにもその変更が自動で同期されます。

もしメンバーがオンラインで作業できない状況に陥ったとしても、Office アプリケーションのあらゆる機能を利用して作業を継続することができます。オフラインで実行した作業はオンラインに戻った時点で同期され、他のメンバーが確認できる状態になります。このように Office での共同作業では、Web がもたらす共同作業の力と、PC や Mac 上のデスクトップ アプリケーションに備わる豊富な機能を活用して、妥協のない共同作業エクスペリエンスを実現することができます。

 

その他の最新情報

新しく加わったのは共同編集機能だけではありません。Office Web Apps の個々のアプリケーションについても機能更新を行い、使い慣れた Office エクスペリエンスをさらに使いやすくすると共に、Web により特化した機能を追加しました。

Word Web App では、書式設定機能が向上し、さらに洗練されたドキュメントに仕上げることができるようになります。新しい機能としては、単語や語句の検索/置換、表へのスタイルと書式の適用、ヘッダーとフッターの挿入があり、さらにプロフェッショナルなレポートや論文の作成が可能になります。Word ブログ で Word Web App の新機能の詳細をご覧いただけます。

  

Excel Web App では、セルのドラッグ アンド ドロップや、シートの並べ替えといった機能が追加され、オンラインでのスプレッドシートの作業がより簡単に行えるようになりました。他にも、ステータス バーから直接、選択した範囲のセルの合計、カウント、平均といった特定のデータ範囲をすばやく分析することが可能です。また、オンラインでサポートされるブックの種類が増え、シート保護が設定されたスプレッドシートについても開いて作業を行うことができます。詳しい情報については、Excel ブログ をご覧ください。

PowerPoint Web App では、新しい画像トリミング機能が追加され、プレゼンテーションのデザインをより細かくコントロールできるようになりました。また、PowerPoint Web App の編集ウィンドウや他の Office Web Apps からファイル名を変更することが可能になり、オンラインでのファイル管理をさらに効率化できるようになっています。

 

Office Web Apps の今後の計画

マイクロソフトはこれから数か月間にかけて、更新プログラムを続々とリリースしていく予定です。特に、Android タブレットからの編集機能の開発に力を注いでおり、これを実現することでさらに多くのデバイスから Office のファイルやツールを活用できるようにしたいと考えています。もちろん、Office 機能をさらに Web で使いやすくするための取り組みも続けています。Office ファイルを最初から最後までオンラインでより簡単に作成できるようにすることが目標です。

今すぐ始めましょう!

共同作業はすぐに始めることができます。ここでご紹介した変更点は本日からご利用いただけます。また、Office 365 とプロダクティビティ ツールを使用して作業に取り組む世界中の人々を支援する、マイクロソフトの「Get It Done Day」をここに宣言します。これによって、時や場所、オフラインかオンラインかにかかわらず、マイクロソフトは皆様をサポートします。「Get It Done Day」の詳細については、Office News ブログ (英語) をご覧ください。

 

今週末には、SkyDrive および Office 365 を使用しているすべての Office Web Apps ユーザーの皆様向けに、リアルタイム共同編集機能とその他の新機能が提供される予定です。これらの機能をお試しになり、使用した感想や、Web 向けの次期 Office 機能に対するご要望をぜひお聞かせください。

SkyDrive.live.com にアクセスし、今すぐ共同作業を始めましょう。ハッシュタグは「#GetItDone」です。