受信ボックスに未読メールが埋もれてしまった場合、Outlook 2010 では電子メールのフィルター処理から「未読」を選び、未読メールを抽出できます。

<Outlook 2010 未読メールの確認:リボン内のフィルター処理から「未読」を選ぶ>

ただし、未読のフィルターをかけるとリボンが[検索]タブに切り替わるので、確認後は検索結果を閉じる必要があります。未読メールをささっと確認したい場合、画面が切り替わったり、フィルターや検索条件を表示することに煩わしさを感じることもありました。

<Outlook 2010 未読フィルター実行後:検索リボンに切り替わる>

その問題を解決するのが、Outlook 2013 の新機能ファストフィルターです。受信メール一覧の上部に[すべて] と [未読] のリンクがつきました。

<Outlook 2013 ファストフィルター:メール一覧上部の「未読」をクリックするとメールを確認できる>

 

[未読] をクリックすると、受信メールの中から未読メールを取り出してくれます。これなら未読メールの確認方法を知らなくても、直感的に操作できる位置に [未読] リンクがあるので迷いません。

メール処理の中でも未読メールの確認は頻度が高いと思います。よく行う作業を短縮して、効率化していきましょう。