フィルターなしの HTML

【License 情報】 3/8 新しい Office のライセンス

【License 情報】 3/8 新しい Office のライセンス

  • Comments 2
  • Likes

先日、米国の Office Blog にて、新しい Office のライセンスを他のパソコンに移管することができるようになったという発表がありました。

 

日本では、一般消費者向けの Office 製品として、パッケージ版とプレインストール版が存在していますが、

プレインストール製品は、引き続き、プレインストールされているパソコン 1台でしか使用することができません。

ライセンスを他のパソコンに移管することはできませんのでご注意ください。

 

パッケージ製品については、同一ユーザーが所有する 2 台までのパソコンにインストールすることができ、

同一ユーザーが使用する他のパソコンにライセンスを移管することができます。

 

詳しくはこちらの投稿をご確認ください。

 

 

Your comment has been posted.   Close
Thank you, your comment requires moderation so it may take a while to appear.   Close
Leave a Comment
  • <p>これは批判が多かったんだよ。</p> <p>あとついでに言えば、もう少しOSもOfficeも家庭向け、企業向けともに値を下げてほしい。</p> <p>特に日本での価格がダントツ高いんで、せめて一番高いのでも1万円程度にしてもらいたい。</p> <p>これだけ世界中で使われてるんだから、「弱者切り捨て」なんてやり方はしないでくれたまえ。</p> <p>というかそれよりも、中韓等の海賊版の対策をこれまで以上に強化してほしいな。</p> <p>あとはUIを毎回毎回変更するのもやめてもらわないと大変なことも改めてここで伝えておくよ!</p>

  • <p>私の父の某社が最近、Windows 7とOfficeを使い始めました。</p> <p>しかし父は、「思ったようにならず、疲れるわ」のひとことでした。</p> <p>リボンは使いづらい、ワードは特に思ったように結果が出ず、テーブルの作成となればもう大変だと・・・。</p> <p>OS含め、なぜここまで使いにくいような改悪をなさったのでしょうか。</p> <p>しかもそんな製品を高い値段で買わされて昔のマイクロソフトの良さが吹っ飛んでいったかのようですよ。</p> <p>今に客離れして、大変なことになるかもしれませんよ。</p> <p>脅しではありませんが、貴社への忠告としておきます。</p> <p>2016(仮)では2003並みの使い勝手に戻し、もっと安く製品を売ってください。</p>