Jeremy_MSFT
Jul 17 2012, 16:07 P7 | 2 Comments

Office 365 ProPlus 管理者シリーズへ、ようこそ。皆さんの中には、Office 365 のさまざまなコンポーネントの使用経験があり、このブログ シリーズの内容の大半についてはもうご存じという方はもちろん、Office 365 ProPlus の概念についてはまだ初心者で、現在使用しているソフトウェア配布や Windows イメージング、ソフトウェア管理といったプロセスにどのような効果があるのか知りたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。私自身は Windows のイメージングと展開の分野で長い経験を持ち、それ以前はソフトウェアの配信と管理のためのシステム管理製品に携わっていました。こうした経験は、Office 365 ProPlus の IT プロフェッショナル向け機能や関連トピックについて私が書く記事の内容にも大いに反映されていることと思います。この数年間、優秀なソフトウェアエンジニアやテスター、プログラム マネージャーたちと共に働くことができ、非常に嬉しく感じると共に、Office の展開や管理テクノロジに関する新たな IT のメリットについて皆さんにお伝えできることをたいへん光栄に思っています。

このブログ シリーズは、本日 John Jendrezak が投稿したブログ記事「Office とクラウド (英語)」がベースとなっており、今後さらに詳しく取り上げていきます。連続した 1 件の長いブログ記事として、記事一覧の上から順番に読まれることを想定し、話の流れとは逆の順序で投稿してきましたが、さらに追加のトピックについて投稿を予定しているほか、将来的には、System Center Configuration Manager、Windows Intune、Microsoft Deployment Toolkit といった、Office 365 ProPlus の展開の自動化に使用できる管理ツールについての実習なども組み込んでいきたいと考えています。

Office 365 ProPlus の新機能と IT プロフェッショナルとして注目するポイント

Office 365 ProPlus は、アプリケーションのストリーミングやクラウド サービスなど、複数のテクノロジを基盤として構築されており、ユーザーと管理者にこれまでにないエクスペリエンスを提供し、サービスとしての Office を推進します。従来の Office アプリケーションスイートとは異なり、Office 365 ProPlus では、Windows 7 またはそれ以降の OS を実行している PC で Office の豊富な機能をすばやく使えるようになると同時に、ユーザーのファイルや個人用設定を PC 間でローミングすることができます。

自宅でも、職場でも、外出先でも、Office は各デバイスとではなく、各 Office ユーザーとつながっています。これはつまり、ユーザーが所有または使用しているすべてのコンピューターに Office をインストールできることを意味します。Office 365 ProPlus のインストールでは、Office は PC にストリーミングされ、既存の Office アプリケーションと共存できるため、旧バージョンの Office をアンインストールしたりアップグレードしたりする必要はありません。ストリーミングを利用することにより、旧世代の Office インストールに比べてわずかな時間で Office の使用を開始することができ、また、バックグラウンドでストリーミングが継続している状態でも Office を使用できます。

一旦 Office 365 ProPlus を起動して Office にサインインすれば、どのコンピューターを使用しているかにかかわらず、ユーザーのファイル、設定、個人用設定と自動的にリンクを行い、前回開いていたドキュメントの最後に読んでいた場所までも示してくれます。Office はどこからでもアクセスできるので、複数のコンピューターや Windows デバイス間でシームレスかつ自由に仕事が行えます。

Office 365 ProPlus に SkyDrive Pro を組み合わせることで、Office on Demand を利用して、どこにいても Office を使用できるようになります。Office on Demand は、アプリケーション ストリーミング テクノロジを使用して、機能豊かな Office アプリケーションを PC に数秒で配信する新しい手段です。Office アプリケーションをインストールするのではなく、使いたい Office アプリケーションの一時コピーをストリーミングして起動します。ユーザーがログオフすると、新しい Office アプリケーションへのリンクは削除され、作業していたファイルも PC 上からはなくなりますが、既定で SkyDrive Pro に保存されます。この機能は、Windows 7 またはそれ以降の OS を実行しているコンピューターで、管理者アカウントか標準ユーザー アカウントを所有している場合に使用可能です。

もちろん、こうした新たな Office エクスペリエンスは、企業のニーズに合わせて配信、管理することができます。Office 365 ProPlus は、小規模企業から多国籍企業にまで対応できるよう設計されており、アクティブ ユーザーの管理をはじめ、ソフトウェアの構成と配信、データ アクセス、電子メールサービスとコミュニケーション サービスへの接続を IT 管理者によって管理できます。このブログでは、IT 管理者やシステム管理者に関係したトピックを網羅すると同時に、Office 365 ProPlus.の評価、テスト、パイロット、展開、管理の主なプロセスについても取り上げてまいります。デスクトップ アプリケーション関連の主なトピックはまとめて投稿するようにしていますが、今後も引き続き投稿する予定です。現段階ではまず、あらゆる規模の企業に適した展開や管理を可能にするアーキテクチャや主なプラミングについてご説明し、シリーズの次の段階として、System Center Configuration Manager 2012、Windows Intune、Microsoft Deployment Toolkit などのツールにより構築した、実用的な統合シナリオについてご紹介したいと考えています。ご要望やご意見がございましたら、ぜひお寄せください。

Jeremy Chapman

@deployjeremy

Office 展開チーム