Jeremy_MSFT
Jul 17 2012, 16:07 P7 | 1 Comment

Office 365 ProPlus は、企業が持つ IT サービス管理のプロセスやツールと統合できます。Office 365 ProPlus を使用すると、管理者にもユーザーにも Office プログラムのきわめて高いアクセス性と優れたエクスペリエンスが実現されます。Office 365 ProPlus では、ソフトウェアの配布や更新を効率化するためにクラウドを利用しています。しかし、クラウドを使用して Office アプリケーションをリモートから実行するのではなく、アプリケーションをストリーミングすることで Office をローカル PC 上で迅速に起動、実行することに重点を置いています。この新しいエクスペリエンスによって、オフラインでの使用が可能となり、Web ブラウザーやリモート デスクトップでの作業に制限されることなく、ローカルのシステム リソースを最大限に活用することができます。

Office 365 ProPlus はデバイスベースではなくユーザーベースで提供されるため、企業への統合を行うにはまず、ユーザーに有効な Office 365 アカウントを提供する必要があります。これにより生成された Microsoft Online Services の ID を使用して、ユーザーは管理者に許可されたソフトウェアやサービスにアクセスします。またこの ID は、ユーザーが使用する複数のデバイスに対して Office がローミング設定を配布する際にも使用されます。オンライン ID の確立には、手動入力やリストによる一括入力、Active Directory 同期やディレクトリサービス フェデレーションなど、複数のオプションがあります。これらのオプションによって、企業に適した形でのログインやプロビジョニングが可能となり、ディレクトリサービスのリアル タイムな変更に合わせてあらゆる ID 情報や認証情報をクラウドで管理できます。

Office 365 ProPlus は、企業のソフトウェア配布に関する既存のポリシーやプラクティスとも統合されます。ユーザーが Office 365 Web ポータルから直接 Office 365 ProPlus をインストールすることを許可する企業もあるかもしれませんが、多くの企業では、Office 365 ProPlus のインストール ファイルを自社のソフトウェア配布環境にダウンロードおよびインポートし、これらのツールを使用してユーザーの代わりにインストールを一元的に実行しています。オンプレミスのソフトウェア配布と統合することで、ユーザーにソフトウェアをインストールする権限を付与しないまま、既存のセキュリティポリシーを維持できます。Office 365 ProPlus は、さらに Microsoft Application Virtualization と統合することで、幅広い構成オプションや制御オプションを提供します。また、仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) を利用している場合は、リモート デスクトップ サービスのロールを有効にすることなく、ユーザー専用の Windows 7 と Windows Server 2008 R2 またはそれ以降の仮想マシン上で Office 365 ProPlus を使用できます。

 

ソフトウェア配布を利用した Office 365 ProPlus の展開

Office 365 ProPlus は、一般的なデスクトップ アーキテクチャの大半と統合できるよう設計されている一方で、ユーザーの迅速なプロビジョニングとデプロビジョニングを可能にしたり、主要な設定をデバイス間でローミングすることで生産性を高めたり、共通のユーザー資格情報を組み込んで複数のコンピューティング デバイス間で Office のライセンス認証を行ったりするなど、クラウドの利点も提供します。

Office 365 ProPlus の企業への統合に関する詳細については、TechNet の「Office 365 ProPlus プレビューの展開オプション (英語)」を参照してください。