Posted by Outlook チーム
9 月 17 日

Microsoft は、今後数年にわたって主流になるであろう新しいタイプのタッチデバイスでうまく動作するよう Outlook を設計しました。Outlook 2013 は、使い慣れた Outlook の操作性を保ちながら、ご利用のデバイスに対応できるよう設計されています。タブレットで Outlook を起動すると、タッチ操作が行いやすようにレイアウトが変更されていることがわかります。同様に、画面が小さいデバイスで Outlook を起動すると、画面の領域が最大限に利用され、コンテンツが強調表示されていることがわかります。

 

タブレット

 

Windows 8 のタブレットでは、ナビゲーションウィンドウとリボンが折りたたまれているので、コンテンツに対して最大限の領域が確保されます。つまり、親指でメッセージ リストをタッチして快適にスクロールすることができます。また、タブレット向けの Outlook では、タッチ モードが既定でオンになっています。これにより最適化が行われ、指で操作を行う タッチ デバイスでの Outlook の操作性がさらに向上しました。

タッチ操作バーはタッチ モードにおける最も注目すべき強化点の 1 つで、Microsoft 一押しの機能でもあります。このバーは画面右端の便利な場所に配置されているので、親指を使って、返信する、削除する、フラグを設定する、未読にするなどの一般的な操作をすばやく行うことができます。

タッチ モードでは、メール、予定表、ユーザー、およびタスク アイコンのサイズが大きく、簡単にタップしてモジュールを変更できます。各フォルダー名、リボンのボタン、およびクイックアクション ツール バー (QAT) のボタンの間は、タッチしやすいように十分なスペースが確保されています。

もちろん、タッチ デバイス向け予定表のタッチ操作の設計も忘れませんでした。"スワイプ" で日表示と週表示を、そして "ピンチ" でさまざまなビューを切り替えてみてください。自然ですばやい動きを楽しめますよ。

タッチスクリーンのノートパソコンなど互換デバイスにおける Outlook の動作は既定ではタッチ操作用に最適化されていませんが、ご心配は無用です。タッチ モードのメリットはすべて利用できます。QAT のドロップダウンをクリックし、[タッチ モード] を選択すると、以下のアイコンが表示されます。タッチ操作のメリットすべてを手動でオンにしてください。

 

画面の小さなデバイス

ここまでは、タブレットを対象にした最適化について説明しましたが、画面の小さな小型デバイスを使っている Outlook ユーザーがますます増えていることもわかりました。Outlook 2013 では、ユーザーが Outlook を最大限に活用できるよう多くの点を最適化しました。

ユーザーが小型デバイスを使っていることが検出されると、タブレットと同様、Outlook のナビゲーション ウィンドウとリボンが既定で折りたたまれます。電子メール ヘッダーと Outlook Social Connector では小さな画像が使用され、サイズが小さくなります。

嬉しいことに、このすべてを今すぐに手に入れることができます。是非、Outlook 2013 カスタマープレビューを入手し、ご自身でお確かめください。

 

--Teresa ThomasOutlook プログラム マネージャー
--Kirk FernandesOutlook プログラムマネージャー