皆さん、こんにちは。日本マイクロソフトの佐藤芳樹です。

今日は、ウイルス対策のお話です。ご存知の方が意外と少ないのが非常に残念なのですが、System Center 2012 Endpoint Protection (SCEP) の現在リリースされているバージョンでは、Windows だけでなく Mac や Linux のウイルス対策を行うことができます。

ボリューム ライセンスをご契約の方は Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) からダウンロードできるようになっておりますので、ぜひご確認ください。

ご参考までですが、すでにリリース済みの製品なので、サポート ライフサイクルも公開されています。(こちら

また、システム要件についても同梱されているヘルプファイルに記載されているので以下にまとめます。

Mac の要件 Linux の要件
プロセッサー 32 bit, 64 bit -
OS Mac OS X 10.6 以降 2.2.x, 2.4.x, 2.6.x の Linux OS カーネル
メモリ 512 MB 32 MB
空きディスク容量 100 MB 16 MB

 

実際の製品画面もサンプルで掲載します。

SCEP for Mac の画面 SCEP for Linux の画面

 

搭載されている機能については、ウイルス対策ソフトウェアという特性もあって特に変わり種はありませんが、リアルタイムのウイルス・スパイウェア対策、スケジューラ、定義ファイルの更新、ログおよび統計情報の出力、権限設定など基本的な機能はすべて搭載しております。実際の機能に関する画面イメージは以下の通りです。


SCEP for Mac の画面

ウイルスの検出 スケジューラの設定 リアルタイム保護の設定


SCEP for Linux の画面

スケジューラの設定 ファイルシステム保護の設定 ウイルス検査統計

 

それでは、引き続き System Center 2012 をよろしくお願いいたします。

ではまた次回。