皆さん、こんにちは。日本マイクロソフトの佐藤芳樹です。

ハイブリッド クラウドの管理シリーズの第 3 回となる今回は、System Ceter 2012 SP1 からでてくる世界中に外部公開されている Web アプリケーションを管理するためのクラウド ベースの新機能のご紹介です。この機能は System Center 2012 Operations Manager (SCOM) SP1 に搭載されるグローバル サービス モニター (GSM) という名称でリリースを予定しています。

では、どんなことが実現できるのかをもう少し見ていきましょう。簡単に言うと、Visual Studio で開発した Web アプリケーションのテストを代行するようなイメージです。Visual Studio には Visual Studio Web Test という開発者が実行テスト用のスクリプトを作成して、アプリケーションのスケールとパフォーマンスが意図したとおりであるかどうかを確認できるようにする機能があります。このテスト機能を使うと、実運用中の Web アプリケーションに対してポイント&クリック方式のスケーラビリティテスト、レスポンス確認テストなどを行うことができ、Web アプリケーションの機能テストを一連の流れとして行なうことができます。

GSM では、Visual Studio Web Test を Operations Manager 経由で受け取り、実運用中の Web アプリケーションに対してそれらのテストの実行、および実行結果の取りまとめをすることができる機能となります。


図: グローバル サービス モニターの概念図

ちなみに実際に動かしてみるとこんな画面で世界中で動いている監視対象のアプリケーション情報を管理することができます(正確には、日本では今現在はテストできないので「できるようです」ですが。。)
画面の内容は、左上が管理対象のアプリケーションの配置とステータス、右上がアプリケーションのレスポンスタイム、左下が実行中のテストのステータス、右下がアラート、となっています。


図: グローバル サービス モニターの実画面

もはや言うまでもないような気がしますが、このサービスも Windows Azure 上で動いているサービスとなります。もはや新時代では Windows Azure は切っても切り離せなくなりますね。まさにハイブリッド クラウド時代というところでしょうか。

 

ではまた次回。