5 回に亘ってお届けしてきました Windows 8 セキュリティ特集ですが、今回でシリーズ最終回を迎えることになりました。
今回は Windows 8 上で動作する新しい種類のアプリケーション「Windows ストア アプリ」についてご紹介します。 

スタート画面Windows 8 では、Windows ストア アプリと従来のデスクトップ アプリの 2 種類のアプリケーションが動作します。Windows ストア アプリは、Windows 8 のタッチインターフェイス用に作成されたアプリで、スタート画面で最新情報が確認できたり、アプリの連携により写真やリンクの共有がすばやく行えたりと、新しいユーザー体験を提供するアプリケーションです。People、メール、カレンダーなど、多くの Windows ストア アプリが Windows 8 に標準搭載されています。また、さまざまなアプリを Windows ストアから入手する (※1) こともできます。
Windows ストア アプリの特色は、上述のようなユーザー体験ばかりではありません。実は、ユーザーが気づかないところで大きく違っています。それは、「アプリの信頼性」です。
Windows ストア アプリのプラットフォームは、「ユーザーがアプリケーションを信頼できること」を中心的な原則の 1 つとして開発されました。
アプリが期待通りに動作してシステムでうまく実行できるか?許可したデータと情報だけを使うか?他のアプリケーションと問題なく共存するか?といったアプリの信頼に関わる既知の主要な不安要因を取り除くべく設計されています。

 

���プリ コンテナー

Windows ストア アプリは、アプリ コンテナーというサンドボックスのような環境内で動作します。明示的に許可しない限り、アプリの外にあるリソースやファイルにアクセスすることは禁止されています。位置情報や Web カメラなど追加アクセスを要求するには、アプリを公開するときにそのアクセスを必要とする機能を宣言して組み込み、アプリの説明に表示する必要があります。また、Windows 8 は、インストールを処理するだけでなく、アプリが読み込まれ、ユーザーのコンピューターで実行されているときでもデジタル署名を使ってアプリの整合性を確保します。アプリがデジタル署名に一致しなくなったことを Windows が検出した場合、修正されたバージョンをストアからダウンロードするようにユーザーに案内します。Windows は、各アプリを別個の場所にインストールし、各アプリのデータと設定の場所は分離されているため、システム全体に影響を与えずに簡単にインストール、実行、削除できます。これらによって、不正なアプリがシステムに与える影響を軽減できます。

 

Windows ストア

Windows ストアのタイル前述のとおり、Windows ストア アプリは Windows ストアで入手することができます。
このストアに登録されているアプリは、セキュリティ チェックなど一定の認定要件を満たしたものですので、安心してご利用いただけます。

また、使用条件に違反したアプリは Windows ストアから削除される場合があります。この場合、ストアでのアプリの公開が停止されたことを通知するメールが届き、以後、そのアプリを PC で使用することはできなくなります。 

 

このように Windows ストア アプリは高い信頼性をもってお使いいただけます。
無料のアプリや体験版も多数取り揃えているので、アプリの信頼性を気にすることなく、安心してどんどん楽しんでください!

 

 

関連情報

 

Windows 8 セキュリティ特集

 

※1: 企業環境では、サイド ローディングによって Windows ストアを経由せずに、デバイスにアプリを直接インストールすることもできます。サイド ローディングの詳細については、「アプリの追加と削除の方法」を参照してください。