Windows 8 の一般発売が開始されてから、4 日経ちました。さっそく、インストールして Windows 8 ライフを満喫している方も多いと思います。もしも、まだ使用されていない方は、素晴らしい体験ができますので、ぜひ、この機会に導入をご検討ください。

日本のセキュリティ チームのブログでは、Windows 8 の発売を記念して、5 回にわたり Windows 8 のセキュリティ機能を特集しています。今回は、前回の Windows Update に続いて、第 2 回目として、Windows Defender を紹介します。

 

Windows 8 セキュリティ #2 Windows Defender

Windows Defender は、スパイウェアから保護するために開発されたソフトウェアです。2006 年に公開され、Windows Vista 以降の OS では、標準搭載されています。以下では、Windows 7 に搭載された Windows Defender からの変更点を中心に紹介します。
 

マルウェア対策ソフトウェアとして機能

これまでの Windows Defender は、アドウェアやスパイウェアに特化していましたが、Windows 8 に搭載された Windows Defender では、アドウェア、スパイウェアだけではなく、ウイルスなどのその他のマルウェアへの対策が可能となり、Microsoft Security Essentials と同等の機能を有したマルウェア対策ソフトとして動作します。これに伴い、Windows 8 では、Microsoft Security Essentials が使用できなくなりましたのでご注意ください。

以下が Windows 8 上の Windows Defender の画面です。機能は変更されましたが、画面や使用方法は変更されていないため、これまでと同じように操作することが可能です。




「守られていないPC」を保護する

定義ファイルの有効期限が切れている場合やマルウェア対策ソフトウェア自体が無効化されているなどで有効に稼働していない状態が続いた場合、14 日目までは、デスクトップのバルーン通知、Windows アクション センターを通してマルウェア対策ソフトウェアの設定見直しを促す警告が表示されますが、それでも対処が行われない場合は、15 日目に Windows 画面に帯状の通知を表示して、ユーザーに選択を促します。ユーザーはこれまで使用していたサードパーティ製のマルウェア対策ソフトを更新するか、Windows Store で新たな製品を購入するか、もしくは Windows Defender を使用するかを選択できます。その際に、Windows Defender を選択した場合は、現在インストールされているマルウェア対策ソフトの無効化への同意後、 Windows Defender が有効化されます。

Windows Defender Offline

Windows Defender Offline は、CD/DVD/USB メディアから起動を行い、マルウェアやルートキットを除去するソフトウェアです。Standalone System Sweeper という製品の後継製品として、Windows Defender Offline が公開されました。なお、定義ファイルは、Windows 8 に搭載された Windows Defender のように、Microsoft Security Essentialsと同等です。

Windows Defender を使用している際に、ルートキットなどが検出されると Windows Defender Offline をダウンロードして実行するように求めるメッセージが表示される場合があります。これは、OS の稼働中にマルウェアの除去が困難な場合となりますので、その際は、Microsoft ダウンロード センター (32 ビット / 64 ビット) から Windows Defender Offline を入手し実行してください。なお、Windows Defender Offline は、Windows 8 専用のソフトウェアではなく、Windows XP / Widows Vista / Windows 7 でも使用することができます。

 

おわりに

Windows 8 に搭載された Windows Defender は、「守られていないPC」をマルウェアから保護することで、コンピューターの世界をより安全に、そして、より快適にすることを目指しています。これにより、少しでも皆さんのコンピューター体験がより良いものになる事を願います。

次回は、Windows 8 の新しいサインイン方法であるピクチャー パスワードについてご紹介する予定です。

ぜひ楽しみにしていてください!

 

更新情報 :
2013/04/24 : 「「守られていないPC」を保護する」箇所の Windows Defender が有効化される際の動作を明確にするために記述を変更しました。

 

関連ブログ: Windows 8 セキュリティ特集 (全 5 回)