いやぁ 皆様 お疲れ様でした。なんか参加される皆さんの意気込みを想うとどうしてもチャレンジしないといけないというモチベーションの奥主でした。なのでデモも微妙な動きをしたものの、初物としてご覧いただいた方も多かったと思うのでまあ全敗というわけではないと思いますが。。。仮想環境の動きが微妙でしたねぇ。今日は開発系の方が割合多かった感じですね。

今日の環境は実はこんなことになっていたのでした。

20GB パーティション
復旧用にWinREを仕込むために切ってある。こんなにもちろん要らないのだが、なんかセットアップ用のものを置くことも想定してこれくらい確保。

残りの半分
Windows Vista x64版にVirtual PC 2007で動作環境
実は全国を回っていた環境はWindows ServerのRC0版からスタートし、その後RC1に全部取り換え、さらにWindows VistaもRTM版からSP1 RC1にアップした環境で仙台を迎えました。

さらに残りの半分
Windows Server 2008 Enterprise Edition 日本語でRTM版に向かっている途上のビルド
これにHyper-Vをインストール
Webサーバーには今までEnterprise Editionを使っていたのですが、Web Server 2008 RC1 x64を採用
Windows VistaにはUltimate版のSP1 RC1版 x64を採用
ADマシンはWindows Server 2008 Enterprise RC1 x64を採用
SQLマシンはWindows Server 2008 Enterprise RC1 x64を採用

ということで、内部的な処理として全部x64を揃えるのが一つの目的と、Hyper-Vをご覧いただくのがもう一つだったのですが、うまくいきませんでしたね。もうちょい修行が必要ですな。Virtual PCとVirtual Serverだと前者ができませんからね。

Dual Bootはマシン環境を有効利用される方は結構やると思うのですが、上記3つ目のパーティションにDVDでフォーマット&インストールを行うとVistaが選択から消えるので以下でもとに戻す。

bcdedit /copy {current} /d "Windows Vista x64"
→{xxx}というIDが生成される。
bcdedit /set {xxx} DEVICE partition=D:
bcdedit /set {xxx} OSDEVICE partition=D:

残念ながらHyper-VのVista用のIC(統合コンポーネント)は見当たらず、クライアントとしてはすいすいと動いているのをまだ見れてません。今日の本番も色々とあったのはこれが影響しています。
ある場合には Insert Integration Services Setup Disk. メニューで入れる。以前のVMAdditionと同じ感じ。
Virtualization CTP FAQ の6番目のQと同じ状況。ただし、 Happy holidays! windows server 2008 RC1 with hyper-v beta now available! の5番にあるようにWindows Server 2008の場合、with Hyper-V(EULAでRC2と出る奴かな)だとICが自動的に入る。。。と。

Visual Studio 2008 Team Suite の DVD がマウントできなかった点についてはまだ原因がわかりませんが、ひょっとすると今日お話したように例の4.7GBを超えているイメージだということが影響しているのでは?と考えています。

ご承知のようにWindows Server 2008はRCから製品に向かう途上ですが、Hyper-Vについてはベータ段階で��ので、もうちょっと色々と使っていく必要がありますね。Web Serverについては巻き込まれてトラブルになってしまっていましたが、DCとSQLのマシンは快調にいっていたのをご覧いただけたと思います。一つにはx64版ゲストを使っていること、それからもちろんHyper-VがホストOSではなく、Parent OSの構造になっていること、この二つの点が有効に働いていると考えています。本当はWeb(ASP.NETアプリも利用)に最適なWeb Serverのウリ(価格面、CAL面での優位性)を説明するのも目的だったのですが、残念。旅も終わりましたので、これからじっくり触りたいと思います。

最後になりましたが、本日もご参加ありがとうございました。(^-^)
今後もご参加、よろしくお願いいたします。それからフォーラムもよろしく。
※このフォーラムは全国の道場参加者向けのものになっていますので興味ある方は是非 一度道場へお越しください。