(この記事は SharePoint ブログ 2013年 5 月 21  日に投稿された記事 SkyDrive Pro client for Windows now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

Windows をお使いの皆様へ SkyDrive Pro クライアント同期アプリケーションのご提供が始まりました。SkyDrive Pro  クライアント同期アプリケーションは、こちらからダウンロードできます。このスタンドアロン クライアントを使うと、SharePoint 2013 および Office 365 のSharePoint Online ユーザーの方は、SkyDrive Pro や SharePoint 2013 または Office 365 チームサイトのドキュメント ライブラリを、お手持ちのローカル コンピュータと同期して、オンラインはもちろん、オフラインであっても、重要なコンテンツにアクセスできるようになります。SkyDrive Pro クライアントは、スタンドアロンでインストールできますので、Office のいずれかのバージョンをインストールしていなくても、問題はありません。また、Office の旧バージョン (Office 2010、Office 2007) とも共存して、インストールが可能です。

Office 2013 ユーザーの方は、下記のバージョンをインストール済みでしたら、SkyDrive Pro クライアントは既に入っていますので、別途インストールする必要はございません:

  • Office 365 Pro Plus
  • Office 365 Small Business Premium
  • Office Professional Plus 2013

SkyDrive Pro クライアントをインストールしましたら、SkyDrive Pro ライブラリや、SharePoint 2013 または Office 365 チームサイトのドキュメント ライブラリ画面の右上にある [SYNC] をクリックしてください。すると、お使いのマシン上で、ライブラリのファイルを同期できるようにプロセスが動き始めます。さあ、従業員向けクラウド ストレージである SkyDrive Pro との同期を、存分にご活用ください!