(この記事は Whymicrosoft.com に 2012 年 6 月 20 日に投稿された記事の翻訳です)

クラウド サービスの現場シリーズの一環として、Atominx の重役である Myles Kaye 氏に、Atominx がメッセージングとコラボレーション環境を管理するために Google Mail の利用をやめ、Microsoft Office 365 に切り替えた理由についてお聞きしました。同氏のお話を以下にまとめてありますのでご覧ください。

Q: Atominx について教えてください。
Kaye 2009 年に英国のマンチェスターで、Atominx という Web デザイン ショップを 1 人で設立しました。当初よりビジネスは着実に拡大して、Atominx は今では 10 人のデザイン スタジオになり、広範囲にわたる Web サイトのデザイン サービス、モバイル アプリケーション、グラフィック メディアを提供しています。

 

Q: Google Mail からの切り替えが必要だった理由は何ですか。
Kaye : Atominx を設立したとき、簡単で無料だったので基本的な Google Mail サービスを導入しました。しかし、新たに人を雇ったり、新しいサービスを開発したり、顧客の数が増えるにつれて、Google では当社の共同作業のニーズやビジネス目標に対応できなくなりました。従業員が 4 名、フリーランスのデザイナーが 6 名になったときにGoogle Mail のごく基本的な電子メールおよびチャット ツールで共同作業を行おうとしたところ、初めて機能的な制限を感じました。Windows Live Messenger や Dropbox ドキュメント共有 Web サービスなどの他の共同作業支援ソリューションを寄せ集めましたが、あまりにも多くの場所であまりにも多くの ID を使用して作業しなければなりませんでした。私たちが成長したことで Google に収まりきらなくなり、単一の通信ドメインともっとプロフェッショナルな ID を開発する必要があると実感しました。


Q: Google の代わりに Microsoft Office 365 を選択した理由を教えてください。
Kaye :すべての共同作業支援ツールと生産性ツールを集中型の環境に統合したかったのです。数種類のソリューションを評価しているときに Microsoft Office 365 を見つけました。既に Microsoft Office 2010 を使用していたためマイクロソフトには多大な信頼を置いていましたし、その上、Office 365 は当社が必要とするすべての機能を提供するものでした。Office 365 を利用し始めてすぐに、信頼できる完璧なソリューションであることがわかりました。現在、当社の従業員とデザイナーは単一の Atominx ドメインで電子メール メッセージを送受信しています。また、Microsoft Outlook で電子メール、予定表、連絡先、および仕事を管理し、Lync Online でインスタント メッセージングを行い、SharePoint Online でドキュメントを共有してあらゆる機能を利用しています。Office 365 を利用することで、共通する一連のツールで作業しているため、全員がドキュメント、プレゼンテーション、またはスプレッドシートを送信し、それを開き、共同作業を行うことができます。

 

Q: Office 365 を利用するメリットは何ですか。
Kaye :マイクロソフトによって、当社が求めていたすべての機能以上のものが、信頼するプロバイダーによる完全に統合されたサービスとして提供されていました。Office 365 を利用して情報をやり取りしたり共有したりするのはとても簡単です。現在は、インスタント メッセージを送信して誰かにファイルを要求すると、相手がそのファイルを Lync Online ウィンドウにドラッグするだけで、それがすぐに手に入ります。集中したドメインからコミュニケーションをすることにより、当社の競争力をより高く位置付ける単一の企業 ID を示すことがで���ます。Google は当社の成長を支え切れませんでした。一方、Office 365 は、当社がビジネス プロフェッショナルであり、お客様のニーズを満たす設備と準備を整えているという適切な印象をお客様に与えるために役立っています。簡単に利用できるものがよかったので、Google を利用し始めました。しかし、チームのユーザー設定を変更したり添付ファイルをダウンロードしたりするために週に 5 ~ 10 時間費やすようになりました。Office 365 の使用により、保守やトラブルシューティングに費やす時間が週に 1 時間未満になりました。このお陰で時間が空いたので、ビジネスの構築に重点的に取り組むことができます。

どのようにこのデザイン スタジオで Office 365 を利用して成長の余地を見出すに至ったのかをご確認ください (英語)。また、この事例の全文をご覧ください (英語)。Atominx の Myles Kaye 氏の場合のような成功事例の詳細については、Why Microsoft Web サイトで他のお客様による推薦文をご覧ください。