Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Browse by Tags

Related Posts
  • Blog Post: フェールバックの動作について

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 本日は、フェールオーバー クラスターの機能のひとつであるフェールバックについてご紹介させていただきます。 ■フェールバックとは フェールバックとは、障害が発生したノードが再び利用できる状態になった時点で、フェールオーバーにより移動したサービスまたはアプリケーションが既定のノードへ自動的に移動する設定です。 既定値では無効となっていますが、[フェールバックを許可する] を有効にすることで設定いただくことができます。 以下、フェールバックの動作について Node 1 , Node 2 の 2 台のノードでクラスターを構成する環境を例にご紹介させていただきます...
  • Blog Post: フェールオーバー クラスターにディスク リソースが追加できない。

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 本日は、フェールオーバー クラスターにディスク リソースが追加できない事象について、ご案内します。 フェールオーバー クラスターにディスク リソースを追加するためには、以下の要件に合致する必要があります。 1. 共有ストレージが SCSI-3 の Persistent Reservation (永続的な予約) に対応している。 2. MBR or GPT 形式で初期化されている。 3. ダイナミック ディスクではなくベーシック ディスクを使用している。 4. 全ノードで同一のディスク (LUN) が認識されている...
  • Blog Post: FailoverClustering のイベント ID 1206 が記録される現象

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの戸田です。 本記事では弊社過去事例データベースからの情報を基に、 Windows Server 2012 R2 を用いたフェールオーバー クラスター環境で以下のイベント ID 1206 が 24 時間毎に記録される場合の対処策について紹介します (同時にイベント ID 1207 が記録されることもあります)。 ログの名前: System ソース: Microsoft-Windows-FailoverClustering イベント ID: 1206 タスクのカテゴリ: ネットワーク名リソース レベル: エラー 説明: ...
  • Blog Post: クラスター調査に必要な情報収集について

    こんにちは。 平素は弊社製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。 運用を頂いておりますお客様のクラスター環境は問題無く動作しておりますでしょうか。高可用性を謳うフェールオーバー クラスター製品ですが、長く運用を頂く中で外部的な要因も含め、クラスターが障害を検知したりフェールオーバーが発生する場合もあるかと存じます。 障害調査依頼として弊社にお問い合わせを頂く場合、お伺いした現象や障害に対して調査の為の情報取得をお願いすることがあります。この記事では初期調査を行なううえで最低限必要になる情報をご案内します( 実際の調査ではその過程においてあらためて現象の確認や追加情報のお願いをさせていただく場合があります...
  • Blog Post: ソース: FailoverClustering, イベント ID :1135, イベント ID :1177 が記録されクラスター サービスが停止してしまう

    平素より弊社製品をご愛顧くださいまして、誠にありがとうございます。 日本マイクロソフトの加藤です。 クラスター サービスでは、ノード間通信が失敗するとクラスター サービスが停止してしまう障害が発生することがございます。クラスター サービスが停止した原因がノード間通信やクォーラム ディスクへのアクセス遅延の場合にはシステム ログに下記のようなログが記録されます。 ■ ログ: システム, ソース: FailoverClustering, イベント ID :1135 (ノード間通信のハートビートの疎通が失敗してしまい、クラスターを構成するノードがクラスター サービスから除外されたことを示すエラー...
  • Blog Post: システム構成ツールの起動時に ”スタートアップのオプションを選択" が選択される現象について

    こんにちは。 Windows プラットフォーム サポートの丸山です。 本日は、弊社にて調査中の “ システム構成 ” ツールに関する不具合についてご紹介させていただきます。 もし、お使いの環境でも類似の事象が発生しておりましたら、本ブログ記事をご参考いただけますと幸いです。 ■ 発生する事象について Windows では、msconfig コマンドを実行すると、 “ システム構成 ” ツールが起動して、Windows の起動時に開始するサービスを一部無効化したり、デバッグ機能を有効にして、Windows 起動時のトラブルシューティングを行うことができます...
  • Blog Post: クラスターのハートビート通信の設定値の範囲について

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの永岡です。 今回のトピックはクラスターのハートビート通信に関わるパラメーターの設定値 (閾値) に ついて分かりやすくご紹介したいと思います。 ハートビートとはクラスター ノード間で互いのノードの正常性を確認するための仕組みで、 詳細につきましては以下の記事がございます。ハートビート通信の設定変更手順などの 記載がございますので、こちらにつきましても、ぜひご一読ください。 フェールオーバー クラスターのハートビートについて http://blogs.technet.com/b/askcorejp/archive/2012...
  • Blog Post: Hyper-V フェールオーバー クラスター環境で VM の移動後に、移動元のノードに VM の情報が残ってしまう

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 本日は、Hyper-V フェールオーバー クラスターの環境で、仮想マシンの移動後に、移動元のノードに仮想マシンの情報が残ってしまう事象の回避策をご案内します。 ※ [移動] = ライブ、クイック マイグレーションとフェールオーバーを含む所有者変更を指します。 Hyper-V フェールオーバー クラスターの環境で、仮想マシンの移動後に、移動元のノードに情報が残ってしまい、移動元の Hyper-V マネージャーと、移動先の Hyper-V マネージャーの両方に同じ仮想マシンが表示される場合がございます。 また、この問題が発生すると...
  • Blog Post: フェールオーバー クラスター マネージャーを終了した際にクラッシュが発生する

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの吉田です。 本日は、最近お問い合わせのあった Windows Server 2012 のフェールオーバー クラスター環境でフェールオーバー クラスター マネージャーを終了した際にクラッシュが発生する事象についてご紹介します。 [現象] 以下のような状況で問題が発生します。 ・Windows Server 2012 を使用している ・フェールオーバー クラスター を構成している ・フェールオーバー クラスター マネージャーをクローズ ボタン ([×] ボタン) で閉じる 上記のシナリオでは管理コンソールがクラッシュし動作を停止した旨を示すポップアップが表示されることがあります...
  • Blog Post: クラスター環境における修正プログラムの適用手順: WindowsServer2012 以降

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの世古です。 日々のサポート業務の中で、お問い合わせを頂く内容についてご紹介します。 Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 においては ”ドレイン” という機能が追加されており、クラスター環境のメンテナンスがより容易になりました。メンテナンスの参考としまして、クラスターで修正プログラムを適用する手順を以下にご紹介いたします。 - 修正プログラムの適用手順 ---------------------------------...
  • Blog Post: クラスター化したファイルサーバー (Windows Server 2012 以降) に別名 (CNAME) でアクセスする方法について

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 本日は、クラスター化したファイルサーバー (Windows Server 2012 以降) に別名 (CNAME) でアクセスする方法についてご紹介します。 Windows Server 2003 以前のクラスター サービスでは、仮想サーバー名や、物理サーバー名をブラウズした場合、ローカルおよびクラスター化されているすべてのファイル共有が区別なく表示され、アクセスが可能でした。 Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 のクラスターではセキュリティ強化の観点から、ファイル シェア...
  • Blog Post: Windows Server バックアップによる Hyper-V Host Component のバックアップと復元について

    いつも弊社製品をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 Windows プラットフォーム サポートの宮澤です。 OS 標準で搭載されている Windows Server バックアップを用いた " ベア メタル回復 " や " システム状態 " のバックアップについてはよく耳にされると思います。 今回は、そんな Windows Server バックアップのバックアップ項目にある Hyper-V Host Component についてご紹介させていただきます。 Hyper-V Host Component とは ...
  • Blog Post: リモート デスクトップ セッションの画面に関連する設定ついて

    皆さん、こんにちは。 Windows プラットフォーム サポートの片山です。 今回は、リモート接続する際の画面に関連する以下の設定を紹介させて頂きます。 1. 複数モニター 2. 最高解像度 3. Smart Sizing 1. 複数モニターについて Windows 7 / Windows Server 2008 R2 から複数モニターがサポートされるようになり、“スパン モード” (例は後述) とは異なって、クライアントの全てのモニターをリモート デスクトップ セッションで利用できるようになりました。 使い方 : 以下の...
  • Blog Post: Windows Server 2012 / 2012 R2で BitLocker の GUI 設定が表示されない場合、再起動をお試しください

    こんにちは。 Windows プラットフォーム サポート担当の岩松です。 サーバー OS である Windows Server 2012 / 2012 R2 では、クライアント OS である Windows 8 / 8.1 と異なり、 BitLocker ドライブ暗号化機能は標準搭載されておりません。 BitLocker の機能を利用する場合は、サーバー マネージャーの「役割と機能の追加」から、「 BitLocker ドライブ暗号化」機能をインストールするなど、追加の手順を経る必要があります。 この際、機能インストール後に再起動しただけでは、コントロール...
  • Blog Post: LBFO (Load Balancing and Failover:負荷分散とフェールオーバー) をクラスター環境で使う場合の注意事項について

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 本日は、最近お問い合わせのあった LBFO (Load Balancing and Failover:負荷分散とフェールオーバー) をクラスター環境で使う場合の注意事項についてご紹介します。 <現象> LBFO とは Windows Server 2012 から新しく実装された NIC のチーミング機能ですが、クラスター環境で、本機能を Active - Standby モードで設定していると、ハートビート通信の unreachable や場合によってはフェールオーバーが発生する可能性がございます。 <原因> LBFO...
  • Blog Post: Windows Server 2012 標準的なリモート デスクトップ サービス環境構築手順について

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの吉田です。 今回は、Windows Server 2012 (R2 含む) における、標準的なリモート デスクトップ サービス環境の構築手順をご案内いたします。 なお、構築の前提条件といたしまして、対象サーバーが Active Directory に参加している環境としています。 ワークグループ環境での構築につきましては、以下を参照ください。 - Windows Server 2012 リモート デスクトップ環境の構成について http://blogs.technet.com/b/askcorejp/archive...
  • Blog Post: クラスターの共有ボリュームの物理ディスクの交換について

    こんにちは。 Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 本日は、クラスターの共有ボリューム (CSV) の物理ディスクを交換した際に、クラスター側で実施する作業についてご紹介します。 Windows Server 2008 以降のクラスターでは、ディスク リソースの物理ディスクを交換した際には、フェールオーバー クラスター マネージャーを使用して [ 修復 ] を実施しクラスター側でも新しいディスクへ交換を実施する必要がございます。 詳細につきましては下記の技術情報をご覧ください。 - 参考 Windows Server 2008 フェールオーバー...
  • Blog Post: クラスター環境における共有でディスクの拡張手順

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 弊社によくお問い合わせいただくクラスターの内容のひとつに共有ディスクの拡張手順がございます。 ディスク拡張の手順については下記の技術情報にて公開しています。 Article ID: 304736 How to extend the partition of a cluster shared disk http://support.microsoft.com/kb/304736/en-us 上記技術情報は、日本語版が機械翻訳となっておりますので、本 Blog にて、日本語の手順をご紹介します。 ※ 用語と画面は...
  • Blog Post: Windows Server 2012 以降の NFS 利用時のユーザーマッピングについて

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの松田です。 今回は Windows Server 2012 から追加されたユーザーのマッピング方法についてご紹介いたします。 Windows 上で NFS を利用する場合、Windows ユーザーと UNIX ユーザーのマッピングが必要な場合があります。 Windows Server 2008 R2 までは、Active Directory (AD) もしくは、Active Directory Lightweight Directory Service (AD LDS) を利用する方法が一般的でした。さらに Windows...
  • Blog Post: サポート ライフサイクルの考え方について

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの世古です。 今回は Windows 8、Windows 8.1 および Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2 のサポート ライフサイクルの考え方についてご紹介いたします。 まずはじめに、Windows 8 と Windows 8.1、Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 の関係については、以下のようにご認識ください。 ----------- 製品としての扱い ---------- ・Windows 8...
  • Blog Post: クイック マイグレーションをすると仮想スイッチが「構成エラー」になる(Windows Server 2012)

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの戸田です。 Windows Server 2012 フェールオーバー クラスター + Hyper-V の環境で、仮想マシンのクイック マイグレーションを行った後に仮想スイッチが「構成エラー」と表示される件について説明します。 この記事でご案内する現象は、仮想マシン リソースを停止した状態でクイック マイグレーション (仮想マシンのオーナー ノードの変更操作) を行った後、マイグレーション先のターゲット ノードで仮想マシンの設定画面を表示することで確認することができますが、他にイベント ログやエラー ダイアログなどは表示されません...
  • Blog Post: WMI に関する修正プログラムについて (Windows Server 2012 / 2008 R2)

    こんにちは。Windows テクノロジー サポート チームです。 WMI に関するお問い合わせを多くいただいておりますので、 WMI に関する修正プログラムについてご紹介したいと思います。 なお、今回は Windows Server 2012 および Windows Server 2008 R2 を 対象にご紹介しておりますが、Windows Server 2008 を対象にした 修正プログラムについては、以下のブログで紹介させて頂いておりますので よろしければ合わせてご確認ください。 WMI に関する修正プログラムについて (Windows Server 2008) http...
  • Blog Post: Windows Server 2012 から追加されたクラスター対応更新 (CAU) を使う際の注意点

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの三宅です。 Windows Server 2012 からクラスター対応更新 (CAU) という機能が追加されております。本機能に併せて、フェールオーバー クラスター マネージャーでファイル共有をご利用になる場合、少し混乱されることが想定される動作がございますので、以下にご説明させていただけたらと存じます。 まず、新機能 CAU につきましては、以下の情報をご参考にしていただけますと幸いでございます。 - クラスター対応更新を使って可用性を維持したままフェールオーバー クラスターを更新する: シナリオの概要 http...
  • Blog Post: Windows Server 2012 リモート デスクトップ環境の構成について

    2013/09/13 追記。 こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの横山です。 本日は、Windows Server 2012 リモート デスクトップ環境の構成に関するコマンドをご紹介いたします。 Windows Server 2012 リモート デスクトップ環境では、RDMS (Remote Desktop Management Service) を利用してリモート デスクトップ サービス関連の設定の変更を行います。 しかしながら、RDMS は "リモート デスクトップ サービスのインストール" を使用してリモート デスクトップ サービスのインストールを行わない限り...