Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Browse by Tags

Related Posts
  • Blog Post: SCVMM ゲスト OS の「CPU の種類」設定について

    こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの大羽です。 今回は SCVMM の設定について、一点補足説明をさせていただきます。 SCVMM 上でゲスト OS を作成する際のハードウェア プロファイルで 、 プロセッサ設定欄に以下のような 「 CPU の種類」 という項目があります。 この「 CPU の種類」の定義が分かりにくいため、お客様よりお問い合わせをいただくことがあります。 実際、ヘルプなどの説明では理解しづらいため、今回はそのあたりの説明をしたいと思います。 通常、ゲスト OS を作成するためのウイザード上で...
  • Blog Post: SCVMM DebugView ログ トレースについて

    こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの大羽です。 SCVMM(Sytem Center Virtual Machine Manager) ネタについても記載して いきたいと思います。 製品についてご存知ない方は、以下のサイトをご確認ください。 SCVMM Technet Home http://technet.microsoft.com/ja-jp/scvmm/default.aspx SCVMM は Hyper-V や VMware の統合管理や P2V など、仮想環境における 様々な機能が盛り込まれた製品です...
  • Blog Post: Offline P2V で上手く動作しない場合の回避策について

    こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの田辺です。 続いて SCVMM (System Center Virtual Machine Manager) でお問い合わせをいただく Offline P2V についてのご紹介です。 Windows 2000 システムを SCVMM を使用して P2V 変換する場合、 Online での P2V をサポートしておりませんので、 Offline での P2V が行われます。 また、 Windows Server 2003 及び Windows Server 2008 / R2 の DC 等でも Offline P2V...
  • Blog Post: SCVMM 境界ネットワーク ホストの追加とシングル サインオン接続について

    こんにちは。Windows テクノロジー サポートの安達です。 System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) 2008 での 境界ネットワーク上にある Hyper-V ホストの追加手順および 追加した Hyper-V ホスト上にあるゲスト OS にシングル サインオンを行う方法について 紹介したいと思います。 SCVMM 2008 では、以下の 3 種類の Hyper-V ホストの管理が可能となっております。 Active Directory ドメイン サービス (AD DS) のドメインにある Windows Server...
  • Blog Post: ホスト クラスタの過剰コミット状態について

    こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの田辺です。 今回は SCVMM 2008 R2 (System Center Virtual Machine Manager 2008 R2) で、頻繁にいただく質問についてご紹介させていただきます。 SCVMM 2008 R2 を使用してライブ マイグレーション構成を構築しているホスト クラスタを管理している際に、管理コンソール上のホスト クラスタ名のところに 「 ! 」 が表示される場合があります。 通常は、どちらかのノードがメンテナンス モードになっていたり、通信が遮断されているなどで管理ができなくなっているような場合に表示されますが...
  • Blog Post: SCVMM 2008 R2 用の修正プログラムについて

    こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。 今回は SCVMM (Sytem Center Virtual Machine Manager) についてのご紹介です。 ご紹介が遅くなりましたが、SCVMM 2008 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージが 2009 年 11 月にリリースされております。 こちらの修正プログラムにつきましては、Microsoft Update から適用可能となりますので、現在の環境にてお困りの問題がある場合、技術情報に記載されている Issue の項と合致しているかご確認いただき、適用いただく事をお奨めいたします。 技術情報のウェブサイトは以下となります...
  • Blog Post: System Center DPM と VMM の今後のコンテンツは System Center ブログに移行いたします

    こんにちは、 System Center サポート部の石井です。 今後の System Center DPM や VMM についてのブログは、 System Center チームのブログに統合されることになり、以下サイトに移行いたします。 Japan System Center Support Team Blog http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/ 引き続き、 DPM や VMM についての重要なお知らせを配信していきますので、ご期待下さい。
  • Blog Post: ロールアップ パッケージ適用後の警告について

    こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの田辺です。 SCVMM (System Center Virtual Machine Manager) についてのご紹介です。 先日ご紹介いたしました、、 SCVMM 2008 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージ (2010 年 2 月 ) 適用後の問題についてご紹介させていただきます。 Description of the System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 hotfix rollup package: February 9, 2010...
  • Blog Post: SCVMM 2008 R2 の修正プログラム ロールアップパッケージ (2010 年 2 月)

    こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの田辺です。 連続となりますが、 SCVMM (System Center Virtual Machine Manager) についてのご紹介です。 ご紹介が遅くなりましたが、 SCVMM 2008 R2 の修正プログラム ロールアップパッケージが 2010 年 2 月にリリースされております。 こちらの修正プログラムにつきましては、 Microsoft Update から適用可能となりますので、現在の環境にてお困りの問題がある場合、技術情報に記載されている Issue の項と合致しているかご確認いただき、適用いただく事をお奨めいたします...
  • Blog Post: MSFC と SCVMM の関係および新機能について

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの世古です。 日々のサポート業務の中で、お問い合わせを頂く内容についてご紹介します。 今日は Windows Server 2012 における MSFC(Microsoft Failover Clustering)と SCVMM(System Center Virtual Machine Manager) の関係および新機能についてご紹介します。今までクラスターの管理を MSFC で実施していた方には、是非 SCVMM も併せて活用し、日々の業務を円滑に進めていただければ幸いです。 System Center...
  • Blog Post: コンピュータ名に "-SCVMM-" が含まれるサーバーに SCVMM をインストールすると、エラー 257 にてインストールが出来ない

    こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの田辺です。 前回に続き SCVMM (System Center Virtual Machine Manager) で、いただく質問についてご紹介させていただきます。 タイトルのままとなりますが、 SCVMM をインストールするサーバーのコンピュータ名に大文字で "-SCVMM-" ("" は除く ) が含まれている場合に、インストールがエラー 257 で失敗します。 例えば TEST-SCVMM-1 のような場合が該当します。 - 回避方法について この現象は、内部的な処理の中で "-SCVMM-...
  • Blog Post: SCVMM 用 MPS Report について

    こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。 連続となりますが SCVMM (Sytem Center Virtual Machine Manager) についてのご紹介です。 今回は SCVMM で発生している問題に対して、調査を行う上で非常に重宝する SCVMM 用の MPS Report をご紹介させていただきます。 私たちが SCVMM の問題について調査を開始する場合に、お問い合わせいただいている環境について、また実際に行っている操作からどういった処理が行われ、どのようなエラーが返されているかを確認する際に、SCVMM 用の MPS Report を採取いただく場合が多々あります...