Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Browse by Tags

Related Posts
  • Blog Post: クラスターの共有ボリュームの物理ディスクの交換について

    こんにちは。 Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 本日は、クラスターの共有ボリューム (CSV) の物理ディスクを交換した際に、クラスター側で実施する作業についてご紹介します。 Windows Server 2008 以降のクラスターでは、ディスク リソースの物理ディスクを交換した際には、フェールオーバー クラスター マネージャーを使用して [ 修復 ] を実施しクラスター側でも新しいディスクへ交換を実施する必要がございます。 詳細につきましては下記の技術情報をご覧ください。 - 参考 Windows Server 2008 フェールオーバー...
  • Blog Post: クラスター環境における共有でディスクの拡張手順

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 弊社によくお問い合わせいただくクラスターの内容のひとつに共有ディスクの拡張手順がございます。 ディスク拡張の手順については下記の技術情報にて公開しています。 Article ID: 304736 How to extend the partition of a cluster shared disk http://support.microsoft.com/kb/304736/en-us 上記技術情報は、日本語版が機械翻訳となっておりますので、本 Blog にて、日本語の手順をご紹介します。 ※ 用語と画面は...
  • Blog Post: ゲスト クラスターの構築がタイムアウトで失敗する

    こんにちは。 Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 最近、 Windows Server 2012 の Hyper-V クラスター上の仮想マシンを利用したゲスト クラスターの構築時、またはノードの追加時にタイムアウトで失敗するというお問い合わせをいただくことがございます。 この問題は、クラスターの作成、または、ノードの追加の際に、ノード間通信のパケットがドロップしてしまい、相手ノードに届かないために発生します。 なお、ゲスト クラスターの対向ノードが同じホスト クラスターのノード上にいる場合には、発生しません。 Ping テストなどによるホスト間の物理ネットワークの疎通確認で問題が無い場合...
  • Blog Post: クラスター共有ボリュームの状態が “バックアップが進行中です,(リダイレクトされたアクセス)” と表示される

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 最近いただくお問い合わせのひとつに、Windows Server 2008 R2 のクラスター環境で、クラスター共有ボリューム (CSV) の状態が “バックアップが進行中です。(リダイレクトされたアクセス)” と表示される現象があります。 この状態で “リダイレクトされたアクセスを無効にします” を実行しても失敗します。 この現象は CSV 上の仮想マシンのバックアップが進行中であれば、バックアップ完了後にダイレクトアクセスに戻るため無視しても問題はございません...
  • Blog Post: McAfee VSE 8.7 Patch 5 or 8.8 Patch 1 のインストール後に、クラスター共有ボリューム (CSV) の状態が "リダイレクトされたアクセス" と表示される。

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 最近いただくお問い合わせのひとつに、Windows Server 2008 R2 のクラスター環境に McAfee VSE 8.7 Patch 5 or 8.8 Patch 1 をインストール後、クラスター共有ボリューム (CSV) の状態が "リダイレクトされたアクセス" と表示される問題があります。 この状態で ”リダイレクトされたアクセスを無効にする” を実行しても失敗します。 この問題はMcAfee のフィルター ドライバー (mfehidk.sys) の ”階層”...
  • Blog Post: Microsoft iSCSI Software Target を使ってみよう

    こんにちは。Windows テクノロジー サポート の吉井です。 今日は、以下の Microsoft iSCSI Software Target を使用して簡単な SAN 環境を構築する手順をご紹介しようと思います。 Microsoft iSCSI Software Target を利用すると、専用のストレージ ハードウェアを使わずに iSCSI 環境のテストやクラスターの共有���トレージ環境を構築したりできます。また、仮想環境での利用も可能で、仮想環境で何か検証をしてみたい場合などにも使えて便利です。 無償のツールですので、是非皆さんも使ってみてください。 Microsoft...
  • Blog Post: WSFC: ファイル シェア スコーピングについて

    こんにちは、 Windows テクノロジー サポートの高山です。 Windows Server 2008 フェールオーバー クラスタ (WSFC) ではデザインが 大幅に変更されていますが、今回はその中でもよくお問い合わせをいただく、 ファイル シェア スコーピングの導入についてご説明します。 - ファイルシェア スコーピングの機能について 従来のクラスタ サービス( MSCS ) においては、仮想サーバー名や、サーバー名を ブラウズした場合、ローカルおよびクラスタ化されているすべてのファイル共有が 区別なく表示され、アクセスできました...
  • Blog Post: フェールオーバー クラスターのクラスター ログについて

    # 2012/12/7 Windows Server 2008 R2 環境の KB2525380 の情報を追記しました。 こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの戸田です。 今回は Windows Server 2008 以降の WSFC のクラスター ログについて補足します。 以下の記事のとおり Windows Server 2008 以降の WSFC では、Windows Server 2003 MSCS とはクラスター ログ記録の仕組みが変わっています。 WSFC: クラスタ ログはどこ? http://blogs.technet.com/b/askcorejp...
  • Blog Post: ホスト クラスタの過剰コミット状態について

    こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの田辺です。 今回は SCVMM 2008 R2 (System Center Virtual Machine Manager 2008 R2) で、頻繁にいただく質問についてご紹介させていただきます。 SCVMM 2008 R2 を使用してライブ マイグレーション構成を構築しているホスト クラスタを管理している際に、管理コンソール上のホスト クラスタ名のところに 「 ! 」 が表示される場合があります。 通常は、どちらかのノードがメンテナンス モードになっていたり、通信が遮断されているなどで管理ができなくなっているような場合に表示されますが...
  • Blog Post: Windows Server 2012 から追加されたクラスター対応更新 (CAU) を使う際の注意点

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの三宅です。 Windows Server 2012 からクラスター対応更新 (CAU) という機能が追加されております。本機能に併せて、フェールオーバー クラスター マネージャーでファイル共有をご利用になる場合、少し混乱されることが想定される動作がございますので、以下にご説明させていただけたらと存じます。 まず、新機能 CAU につきましては、以下の情報をご参考にしていただけますと幸いでございます。 - クラスター対応更新を使って可用性を維持したままフェールオーバー クラスターを更新する: シナリオの概要 http...
  • Blog Post: フェールオーバー クラスターのハートビートについて

    *1 2013/8/27 Windows Server 2008 以降の動作についての補足を追記しました。 こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの戸田です。 日々のサポート業務の中で、よくお問い合わせを頂く内容についてご紹介します。 今回は MSCS や WSFC でときどきお問い合わせを頂く「ハートビート」についての記事となります。新旧クラスター関連の記事で使用されている 「ハートビート (Heart beat)」 という表現について、この場を借りて一旦整理したいと思います。また、ハートビートに関する設定値についてもご紹介します。 まず、一般的にコンピューター用語のハートビートとは分散コンピューティングにおいて相手コンピュータの生存確認を行うための仕組みです...
  • Blog Post: クラスター ノード間通信障害の一般的な対処方法について

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの吉田です。 最近いくつかいただいたお問い合わせで、フェールオーバー クラスターの構成ノードを再起動したところ、クラスターに参加できなくなった、というお問い合わせがありました。 これらのお問い合わせでは、ネットワーク ボードの IPv6 設定が無効 (ネットワーク ボードのプロパティからチェックボックス OFF) に設定されている状態でノードを再起動した所、クラスターに参加するタイミングで他のノードとのノード間通信に失敗し、参加に失敗するという事象が発生していました。 このような設定を行っている場合、ネットワーク ボードの...
  • Blog Post: フェールオーバーのしきい値 (Windows Server 2008 編)

    こんにちは。Windows テクノロジー サポートの永野です。 今回は、Windows Server 2008 のクラスタについてです。 グループがノード間を何回フェールオーバーできるかご存知ですか? まずは、以下の KB をご覧ください。 Failover/Failback Policies on Microsoft Cluster Server http://support.microsoft.com/kb/197047/en-us http://support.microsoft.com/kb/197047/ja (日本語機械翻訳) 上記 KB のここに注目してください...
  • Blog Post: クラスタ共有ディスクのドライブ文字を変更するには

    こんにちは。Windows テクノロジー サポートの戸田です。 Windows Server 2008 クラスタ環境では「フェールオーバー クラスタ管理」 ( R2 の場合には「フェールオーバー クラスター マネージャー」)コンソールから共有ディスクのドライブ文字変更が可能です。 しかし、Windows Server 2003 クラスタ環境の場合、「クラスタ アドミニストレータ」ではその様なメニューはありません。 Windows Server 2003 クラスタ環境で共有ディスクのドライブ文字を変更するには、対象の物理ディスク リソースを所有するノードで「ディスクの管理...
  • Blog Post: クラスター環境で推奨されるネットワークの本数について

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの戸田です。 日々のサポート業務の中で、よくお問い合わせを頂く内容についてご紹介します。 複数の Windows が連携して動作するフェールオーバー クラスター環境では、ノード間の相互接続が正常であることが、クラスターの安定動作のために重要です。 フェールオーバー クラスターを構築する場合、冗長化のために少なくとも各ノード毎に 2 つの物理 NIC を用意いただくことを推奨していますが、環境によってさらに物理 NIC が必要となります。 構成により様々な用途でネットワークが使用されるため、結局いくつの NIC が必要になるのかが分からないといった声もいただきます...
  • Blog Post: Windows Server 2008 以降のクラスターのクォーラム構成について

    こんにちは。日本マイクロソフトの永野です。 Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 のクラスタ (WSFC) は、 クォーラムの構成が "マジョリティなし" 以外の設定の場合、クラスタが 複数に分裂して動作する Split Brain を避けるため、クラスタの意思決定に マジョリティの考え方が導入されています。 クォーラムを有効とし、クラスタを維持するためにはクラスタを構成する各ノードと クラスタ コア リソースに含まれるディスク監視 (ノードおよびディスク マジョリティの場合)や クラスタ コア...
  • Blog Post: クラスター環境に適用を推奨する修正プログラムについて

    こんにちは。日本マイクロソフトの永野です。 弊社ではクラスター製品をご利用のお客様に、より安定した運用を行って いただくために、適用を推奨する修正プログラムを各製品ごとにまとめて ご案内しております。 弊社にお問い合わせいただいて調査した結果、推奨する修正プログラムの 適用で改善したといったお問い合わせも少なくありません。 以下に各製品ごとのリンクをご案内いたしますので、もしクラスター製品を ご利用でしたら、資料内で紹介されております修正プログラムの適用を ご検討ください。 Recommended hotfixes for Windows Server 2003 Service...
  • Blog Post: クラスタのネットワークが不安定になる?

    こんにちは。Windows テクノロジー サポートの戸田です。 複数のノードで構成されるクラスタでは、クラスタで使用する (図のようにネットワークのプロパティで、「このネットワークでのクラスター ネットワーク通信を許可する」が選択されている)ネットワーク毎に、ハートビートと呼ばれるパケットの送受信が行われ、ノード間の相互接続が正常であるかどうかの確認を行っています。 このハートビートの送受信で問題が発生する場合、そのネットワークの状態は「障害」や「到達不能」などに変化します(正常時は「稼働中」です)。 クラスタをご利用のお客様から、「ネットワークの経路で問題が無いにも係わらず...
  • Blog Post: Hyper-V のクラスター構成における、仮想マシンの設定変更における注意事項

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 本日は、Hyper-V のクラスター構成の環境で、仮想マシンの設定変更における注意事項についてお伝えします。 通常、仮想マシンの設定変更は、Hyper-V マネージャーから実施しますが、クラスター環境では、フェールオーバー クラスター マネージャーから、設定を変更する必要があります。 Hyper-V マネージャーから変更をした場合、変更後の情報がクラスターに伝わらず、Hyper-V の仮想マシンの保持する情報と、クラスターの仮想マシン構成リソースの情報に矛盾が発生し、以下のような事象が発生する場合があります。...
  • Blog Post: Windows Server 2008 でデッドロック時のダンプを出力させる

    こんにちは。日本マイクロソフトの永野です。 弊社クラスター製品には、リソースの操作時にそのリソースの応答を待ち続けることで、 クラスターの動作が停止することを防ぐため、設定されたタイムアウト期間で応答が 得られなかった場合には、デッドロックのような状態が発生したと判断し、リソースを 再起動する機能が備えられています。 タイムアウト期間は、各リソースの以下のプロパティに格納されています。 DeadlockTimeout : IsAlive や LooksAlive など一般的な操作のタイムアウトに利用 PendingTimeout : オンラインやオフライン時の...
  • Blog Post: クラスターのエラーと解決方法について

    こんにちは。日本マイクロソフトの永野です。 弊社 TechNet Library では、Windows の各機能ごとにイベントや エラーについて、情報を公開しています。 フェールオーバー クラスタリングについても、様々なイベントについて 情報を公開しております。 Failover Clustering http://technet.microsoft.com/en-us/library/dd353290%28v=ws.10%29 各イベントごとに、どういうイベントなのか、どういう方法で解決できるのか といった情報が公開されており、イベントが発生した場合の初期対応に有効です。 ...
  • Blog Post: クイック マイグレーションをすると仮想スイッチが「構成エラー」になる(Windows Server 2012)

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの戸田です。 Windows Server 2012 フェールオーバー クラスター + Hyper-V の環境で、仮想マシンのクイック マイグレーションを行った後に仮想スイッチが「構成エラー」と表示される件について説明します。 この記事でご案内する現象は、仮想マシン リソースを停止した状態でクイック マイグレーション (仮想マシンのオーナー ノードの変更操作) を行った後、マイグレーション先のターゲット ノードで仮想マシンの設定画面を表示することで確認することができますが、他にイベント ログやエラー ダイアログなどは表示されません...
  • Blog Post: HPC サポート機能の変更

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの三宅です。 今回は HPC Pack 2008 R2 にて大幅に変更されたサポート機能について紹介させていただきます。 HPC Pack 2008 R2 SP2 までは、HPC ジョブ スケジューラ サービスにアクセスするための機能 として HPC Basic Profile Web Service がサポートされておりました。 しかしながら、HPC Pack 2008 R2 SP2 で、新たに Web Service Interface という機能が 追加されたため、HPC Pack 2008 R2...
  • Blog Post: クラスター関連の修正プログラムについて(2013年 11月分)

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの世古です。 今回は今月 11 月にリリースされた修正プログラム一覧の中から、クラスターに関連する修正プログラムをご紹介いたします。弊社クラスター製品をご使用の方は、必要に応じて以下の修正プログラムを適用ください。 ========== タイトル: Error message when you try to schedule a shadow copy task in Windows Server 2012 URL: http://support.microsoft.com/kb/2894464 概要...
  • Blog Post: クラスター共有ボリューム (CSV) の最大数について

    こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 本日は、Windows Server 2008 R2 のクラスター共有ボリューム (CSV) の最大数についてお伝えします。 クラスター共有ボリューム (CSV) の最大数自体には制限がないため、登録できるボリュームの数は、OS で認識可能な LUN の数と同じです。 Windows Server 2008 R2 のサポートする LUN の最大数は、以下の通りです。 SCSI、FC 接続 - 各 HBA アダプターにつき 8 個のバス - ひとつのバスにつき 128 個のターゲット ID - ひとつのターゲット...