こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの服部です。

Windows 8 または Windows Server 2012 環境で、.NET Framework 3.5 をインストールする際の注意事項などをお伝えしたいと思います。
以降、特に明記が無い限り「Windows 8」を適宜「Windows Server 2012」 に読み替えてください。

まず、Windows 8 環境で、.NET Framework 3.5 をインストールするには、大きく 2 つの方法があります。

1 つ目は、コントロール パネルで Windows の機能の有効化または無効化 を実行して .NET Framework 3.5 の有効化を実施する方法です。

この場合のインストールには、Windows Update サイトに接続可能なインターネット環境が必要です。
具体的な手順は以下のサイトをご参照ください。

Windows 8 への .NET Framework 3.5 のインストール
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/vstudio/hh506443.aspx

2 つ目は、Windows のインストール メディアを使用して .NET Framework 3.5 を有効にする方法です。
インターネットにコンピューターを接続できない場合は、こちらの方法をご利用ください。
具体的な手順は以下のサイトをご参照ください。

Windows 8 または Windows Server 2012 に .NET Framework 3.5 をインストールしようとする際のエラー コード
http://support.microsoft.com/kb/2734782/ja (機械翻訳)

続いて、よくお問い合わせいただくご質問についてお伝えします。

Windows 8 への .NET Framework 3.5 のインストールに関してよくいただく質問

  • Q1. Windows 8 でインターネット接続および Windows のインストール メディアが無い場合に.NET Framework 3.5 をインストールする方法はありますか?
    A1. ありません。 Windows 8 環境で.NET Framework 3.5 を有効化するには、インターネット接続またはWindows のインストール メディアが必要です。これ以外の方法はありません。
  • Q2. Windows インストール メディア内の "Sources\SxS" フォルダをソフトウェア側のインストーラー等に同梱して配布することはできますか?
    A2. 残念ながら、どのような形態であれ、Sources フォルダの再配布を行うことは許可されていません。
  • Q3. Windows 8 用の .NET Framework 3.5 再頒布パッケージをリリースする予定はありますか?
    A3. 現時点では Windows 8 用 .NET Framework 3.5 再頒布パッケージのリリース予定はありません。

参考資料