Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

February, 2010

  • コンピュータ名に "-SCVMM-" が含まれるサーバーに SCVMM をインストールすると、エラー 257 にてインストールが出来ない

    こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの田辺です。 前回に続き SCVMM (System Center Virtual Machine Manager) で、いただく質問についてご紹介させていただきます。 タイトルのままとなりますが、 SCVMM をインストールするサーバーのコンピュータ名に大文字で "-SCVMM-" ("" は除く ) が含まれている場合に、インストールがエラー 257 で失敗します。 例えば TEST-SCVMM-1 のような場合が該当します...
  • DPM が Windows Server 2008 上で稼働している場合に適用いただきたい修正プログラムについて

    こんにちは。 Windows プラットフォーム サポートの石井です。 本日は、 DPM サーバーが Windows Server 2008 OS 上で動作している場合に適用いただきたい修正プログラムをご案内いたします。 Dynamic disks are marked as "Invalid" on a computer that is running Windows Server 2008 or Windows Vista when you bring the disks...
  • SCVMM 2008 R2 の修正プログラム ロールアップパッケージ (2010 年 2 月)

    こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの田辺です。 連続となりますが、 SCVMM (System Center Virtual Machine Manager) についてのご紹介です。 ご紹介が遅くなりましたが、 SCVMM 2008 R2 の修正プログラム ロールアップパッケージが 2010 年 2 月にリリースされております。 こちらの修正プログラムにつきましては、 Microsoft Update から適用可能となりますので、現在の環境にてお困りの問題がある場合...
  • ホスト クラスタの過剰コミット状態について

    こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの田辺です。 今回は SCVMM 2008 R2 (System Center Virtual Machine Manager 2008 R2) で、頻繁にいただく質問についてご紹介させていただきます。 SCVMM 2008 R2 を使用してライブ マイグレーション構成を構築しているホスト クラスタを管理している際に、管理コンソール上のホスト クラスタ名のところに 「 ! 」 が表示される場合があります。 通常は、どちらかのノードがメンテナンス...
  • DPM 2007 で使用しているテープ装置の交換について

    こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの服部です。 今回は DPM 2007 を使用して、テープへの保護設定を実施いただいている皆様へ、 テープ装置の交換についてお話したいと思います。 テープ装置の交換について DPM 2007 でテープ装置を使用している環境において、 テープ装置を交換した場合や新しく追加した場合 DPM 2007 ではどのような作業が必要になるのか以下にご紹介します。 -テープ装置の交換 DPM 2007...
  • パフォーマンス カウンタをシステム起動時から自動的に開始する方法について (Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2)

    こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの横山です。 Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 で作成したパフォーマンス カウンタをシステム起動時から自動的に開始する方法を紹介します。 Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 のパフォーマンス モニタでは、 Windows 2000 Server および Windows Server 2003 のパフォーマンス...
  • ボリューム アクティベーション 2.0 - MAK ライセンス認証について

    こんにちは。Windows テクノロジー サポートの安達です。 Windows Vista および Windows Server 2008 から 新しく導入されましたボリューム アクティベーション 2.0 の MAK ライセンス認証および VAMT ツールについてご紹介したいと思います。 同じくボリューム アクティベーション 2.0 の KMS ライセンス認証については、 以下のブログで紹介させて頂いておりますので よろしければ合わせてご確認ください。 ボリューム アクティベーション...